2014年04月19日 藤崎台県営野球場

東福岡vs済々黌

2014年春の大会 第134回(平成26年度春季)九州地区高校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

三振でも後ろへ繋げることができる???

 

逆転打を放った佐藤力也(東福岡)

 済々黌の安樂汰樹(3年)、東福岡佐藤 力也(3年)と、両チームの背番号1はともにレフトで出場。

 ゲームは1回表に済々黌が2点を先制し、その裏に東福岡が1点を返す。序盤から激しく動く様相を徹してスタートした。
たが2回表に、東福岡は先発の濵田駿(3年)から、井上潤平(3年)へとピッチャーをスイッチし、済々黌を無得点に抑える。ここで一旦、激しい流れは落ち着いた。

 次にゲームが動いたのが4回表。済々黌は二死から6番安樂が四球で出塁すると、7番谷口晃輝(3年)と、8番稲浦大将(3年)の連打で1点を追加する。さらに一、三塁のチャンスで、一塁走者の稲浦がディレード気味にスタートして、三塁走者を生還させようという策に出るが、ここは失敗に終わった。
 1点を取り、なおも攻めた済々黌。さらにベンチの池田満頼監督は次の手を打った。先発していた主将の小林太一(3年)から、ショートを守る岡泰成(3年)への継投である。ここでのポイントを、「3イニングずつと決めていた」と話した指揮官。

 しかし、代わった岡のピッチングが普段と違った。3つの四死球で一死満塁のピンチを背負ってしまう。ただ、途中出場の9番山本航樹(2年)は空振り三振に取った。二死満塁と場面が変わって、打席は1番佐藤。初回に先発の小林太が三塁打を浴びている打者だ。
 マウンドの岡と打者・佐藤の勝負。2ボール2ストライクから岡が投じた5球目。内角にきた直球を、佐藤のバットが捕えた。打球はレフトの頭上を越え、三人の走者が一気に生還。ピッチャーの代わりっぱなにもらったチャンスを生かした東福岡が、ゲームの流れと得点をひっくり返すことに成功した。

 「岡はストライクが入らず苦しんでいた。もう少し早く代えてやれば良かったかな」と勝負所での痛打を振り返った池田監督。この後、エースナンバーの安樂をマウンドに送るが、ボークでこのイニング4点目を失った。

【次のページ】 東福岡vs済々黌(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
春高バレーは東福岡が3度目の全国制覇!野球部は07年以来の聖地目指す 【ニュース - 高校野球関連】
第37回 ベテラン監督による手厚いサポートが魅力の久留米東ボーイズ。選手の希望を叶える指導へシフトチェンジ【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
板東 湧梧、河野 竜生と数多くの好投手を輩出した鳴門 【ニュース - 高校野球関連】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第77回 松坂世代の現在 現役を続けている選手 指導者になった選手【高校野球コラム】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第26回 松坂大輔が甲子園を席巻して、横浜が春夏連覇を果たした世紀末の1998年【高校野球ヒストリー】
第694回 金光 雄紀(東福岡)「一流」から学び「一流投手」への道進む 【2018年インタビュー】
東福岡vs福岡第一【福岡県 2015年夏の大会 第97回選手権福岡大会】
創成館vs東福岡【2014年春の大会 第134回(平成26年度春季)九州地区高校野球大会】
東福岡vs大分【2014年春の大会 第134回(平成26年度春季)九州地区高校野球大会】
東福岡vs美里工【2014年春の大会 第134回(平成26年度春季)九州地区高校野球大会】
第154回 読売巨人軍 村田修一選手 「結果を残すために良いルーティンを見つけることが大事」 【2013年インタビュー】
東福岡vs久留米【福岡県 2013年夏の大会 第95回選手権福岡大会】
第69回 横浜ベイスターズ 吉村裕基選手 【2011年インタビュー】
済々黌 【高校別データ】
東福岡 【高校別データ】
春季九州地区大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る