延長11回!2時間57分の激闘!!

 豊川が2回と4回に1点ずつ入れ、履正社がこれを追う展開になったが、技巧派左腕・阿部 竜也(3年)を捕えることができず5回まで0行進が続いた。豊川がエース・田中 空良(3年)を投入したのが2対0でリードした6回表。ここから試合が動いた。

 前日の準々決勝・沖縄尚学戦で9回2失点完投(127球)した田中の疲れを考えるなら、できるだけ先発の阿部は引っ張ったほうがいい。何よりも履正社の各打者は阿部を打ちづらそうにしていた。

 代わったばかりの田中はコントロールが定まらない。履正社の5番西村卓造(3年)と、6番八田 夏(3年)に連続して四球を与え、犠打で二、三塁にされると、代打・三浦 和磨(3年)が2球目のスライダーを捕えてセンター越えの二塁打。二者が生還し同点となった。
 7回には一死後、3番吉田 有輝(3年)から8番三浦までの6人が四死球と4安打をつらねる猛攻で3点を追加。さらに8回には2番井上 和弥(3年)の二塁打をきっかけに1点加え、スコアは履正社の6対2と開いた。

 ちなみに、この3イニングにかけて田中が打たれた球種はほとんどがスライダー。6回の三浦の二塁打、7回の吉田のレフト前、西村のレフト前、八田のセンター前がそうで、2点タイムリーを放つ絹田 翔太(3年)に対しては投げる球がなくなったのか、2球続けてストレートを外、内に投げ、これを前進守備の二遊間に運ばれた。続き球は禁物。高校野球で有効なのは緩急、内外、高低を突く配球とは、準々決勝・履正社対福知山成美戦の原稿にも書いた通りだ。