流れを100%持っていかれなかった、二つの攻撃!

 「今日は今大会で初めて先攻だったので、バッティングからリズムを作ろうと、全員で初球から思い切ってガンガンいこうと話ししていました」と、豊川の1番打者・中村 胤哉(3年)は、1回表の3点を振り返った。

 相手は明治神宮大会優勝校の沖縄尚学。エースの山城 大智(3年)を攻略できるかが、ポイントだった豊川。ただ、じゃんけんで負けて今大会初めて先攻となったことが、逆に初回の意識を強くした。
 中村が、山城の2球目をレフト前へ運ぶと、送りバントとワイルドピッチで三塁まで進む。そして3番氷見 泰介(3年)が先制タイムリー。ここまで、山城が投じたのは、わずか7球。
 さらに4番高桑 平士郎(3年)が初球をライトへ運んで続くと、5番伊藤 竜平(3年)もレフトへの2点タイムリー。試合開始から10球で3点を奪った。

 「ここにきて山城の状態は良いと感じていたのですが、球が浮ついた所を、きちっと捕えられた。結果的には簡単に点を取られたのが痛かった。初球から振ってくるチームだとはわかっていたが、ボール球を投げるつもりでも、ストライクを取りにいってしまう。立ち上がりは最大の課題なので、息を整える前に取られてしまった」と沖縄尚学の比嘉公也監督は、1回表の10球で3点を悔やむ。

 この後、2回表に氷見のタイムリーなどで豊川が2点を追加。5対0となった所で、比嘉監督は山城をライトに回して、久保 柊人(3年)を二番手としてマウンドに上げた。
 「相手にダメージが大きいと感じた」と、序盤大量得点への流れを作った中村は話す。

 3回表、豊川は7番山田 大地(3年)のタイムリーで、代わりっぱなの久保からも1点を奪い、ゲーム前半を完全に支配した。