2014年03月23日 阪神甲子園球場

沖縄尚学vs報徳学園

第86回選抜高等学校野球大会 大会3日目第1試合 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

捕手兼投手の難しさ

 明治神宮大会優勝の沖縄尚学と、近畿大会ベスト4・報徳学園の一戦は、1対0で決着がついた。結果は、沖縄尚学のエース・山城 大智(3年)の完封勝ち。特に3回以降は打たれたヒットがわずか2本で、報徳学園打線が何もできないまま終わった。

 このゲームの勝敗に繋がる分岐点は、大きく分けて二つあった。
 まずは1回裏、報徳学園の攻撃。沖縄尚学の山城は、「不安定だった」と1番比嘉 翔太(3年)をストレートの四球を与えてしまう。これに危険を感じた沖縄尚学のキャッチャー・伊良部渉太(3年)がタイムを取ってマウンドに走った。「緊張しているのか?と言いました。(実際に山城も)緊張していました」。

 2番大畑 幸平(3年)が送り、報徳学園に先制機が訪れる。そして、3番石垣 昭二(3年)が、レフト前へと落とすヒットを放った。しかし、二塁走者の比嘉が外野手のポジショニングの判断を迷って、本塁へは還れず、先制タイムリーとはならなかった。立ち上がりのバタバタが残る沖縄尚学に対し、報徳学園が流れを掴み損ねた瞬間でもある。
 とはいえ、一死一、三塁で4番岸田 行倫、5番普久山 拓海(ともに3年)へと続く打順。報徳学園にとっては得点できる可能性は十分に残っていた。

 だが、先制打を浴びたと思った沖縄尚学守備陣にとっては、相手のミスに助けてもらったと、割り切ることができた。「4番5番に対しては、強気で攻めて打ち取りたかった。絶対にゼロでという気持ちで、1点も与えたくなかった。去年の経験(※参照記事:2013年選抜 敦賀気比戦)もあったので」とキャッチャーの伊良部。落ち着きはじめたエース山城を強気に引っ張り、岸田をファーストファウルフライ、普久山をセカンドフライに打ち取って、ピンチを脱した。

 「初回が痛かった。あそこで1点取れていれば・・・」悔やんだのは報徳学園の永田裕治監督。
 4番岸田も、「初回に、良い流れで守備を終えられた。裏に1本打てていれば、どうなるかわからなかった。(山城は)独特のフォームでタイミングが取りにくかったが、4番を任されている以上は、チャンスで打てないとだめ」と自らを責めた。

 永田監督はこの攻撃が終わった時、「最後まで響かなければ良いが」と思ったという。やはり、掴みかけた流れを掴み切れずに逃がしてしまった1回裏だった。このリズムのまま次の2回表、沖縄尚学の攻撃が始まった。

 報徳学園の先発・中村 誠は、先頭の5番上原 康汰(3年)にヒットを浴びた。続く6番砂川 修(3年)の打席で、キャッチャー・岸田が盗塁を刺すが、その後に中村は砂川に四球を与えてしまった。
 そして7番伊良部の打席で、二つ目の勝負の分かれ目が訪れる。フルカウントからキャッチャー後方へのファウルフライが飛んだ。だが、打席の伊良部、キャッチャーの岸田とも、「打った瞬間に分かりました」というアクシデントが起こった。伊良部のバットに、岸田のミットが当たっていたのだ。 「ラッキーだと思いました」と伊良部。岸田は、「ミットを前に出し過ぎていた」とファウルフライを捕球しても、アウトにした気持ちにはなれなかった。
 結局、打撃妨害で伊良部が出塁。これを8番山城が送って二、三塁にした後、9番で起用された2年生の中村将己がレフトへタイムリー。最終的にはこれが決勝点になった。

 「悔しいです。自分のミス(打撃妨害)で相手に点を与えてしまった」と肩を落とした岸田。キャッチャーになりたての時に、練習試合で一度打撃妨害を犯してしまったことがあるそうだが、公式戦では初めてだった。

 ラッキーな出塁をした伊良部も同じキャッチャー。普段から心がけていることを聞くと、「バッターとキャッチャーの距離感が大事」と答えてくれた。 二つの勝負の分岐点後、山城は完全に立ち直り、そのまま最後までゲームが流れた。

【次のページ】 沖縄尚学vs報徳学園(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
U-18では3番を打った岸田 行倫(巨人)ら!2014年2年連続選抜出場を果たした報徳学園ナインのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
新たに現れた2017年ドラフト戦士・岸田 行倫(報徳学園出身)。大城や北村、湯浅に負けない活躍を見せられるか 【ニュース - 高校野球関連】
第1011回 【夏季沖縄県大会展望】中部商、沖縄尚学、沖縄水産が同ブロックに!参加校数59校の頂点に立つのは?【大会展望・総括コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第111回 ミレニアム世代トップランナー・小園海斗の成長過程を報徳学園時代からひも解く【高校野球コラム】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第111回 あの名将があの高校へ!元U18日本代表監督や横浜高校など、この春にあった主な人事異動一覧 【高校野球コラム】
中部商vs沖縄尚学【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
沖縄尚学vs那覇商【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
天理vs報徳学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
習志野vs沖縄尚学【第101回全国高等学校野球選手権大会】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第963回 名門の道を歩んできた野球人生 転機となった台湾遠征 宮本涼太(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
沖縄尚学 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
第86回選抜高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (8)

報徳学園加茂ブレーブスの先輩として全力プレーを期待してます。加茂ブレーブス一同 2014.03.23
甲子園に来てます。岸田君のピッチャー姿かっこいいです。
報徳学園頑張れ報徳学園!こてちん 2014.03.23
一戦必勝!頑張れ報徳学園!
報徳学園初戦突破期待してます。岸田君ファイトー川西南中学校野球部一同 2014.03.23
岸田君が報徳学園を勝たしてくれると信じてます。
最後まであきらめずがんばってください
報徳学園報徳がんばれ!LEO 2014.03.23
甲子園で応援してます!
がんばってください(^^)
沖縄尚学春夏連覇再び!なーな 2014.03.23
沖尚ちばりよー!
内地から応援します!
沖縄尚学チームワークチョコレート。 2014.03.22
沖縄商学がんばれ
明日は勝ってね
ちばりよーなかまき 2014.03.22
沖縄尚学がんばれー。沖縄から応援してます!
報徳学園報徳全力で応援\(◎o◎)/まなまな 2014.03.14
初戦から沖縄尚学!!!
負けじと頑張って(((o(*゚▽゚*)o)))
アルプスで応援してます♡

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る