箕島vs星稜(1979年夏)を彷彿とさせる好ゲーム

 明治神宮大会準優勝の日本文理がまさかの初戦敗退をした。「まさか」と書いたが、試合を見終えた今、まさかという感じはしない。試合は常に日本文理がリードすると、それに豊川が追いつくというシーソーゲーム。少し大げさに言うと“高校野球史上最高の試合”と言われる1979(昭和54)年の箕島星稜戦を思わせた。

 箕島星稜戦は4回表に星稜が先取点を取るとその裏に箕島が1点返し、延長12回表に星稜が2点目を入れるとその裏に箕島が1点返し、16回表に星稜が1点入れるとその裏に箕島が1点返し、18回裏に箕島が1点取ってサヨナラ勝ちするという手に汗握る展開だった。

 この豊川日本文理戦も0対1で迎えた9回裏に豊川が追いつき、延長10回表に日本文理が2点取って勝負あったと思ったその裏に豊川が2点取り、延長13回裏に豊川が5番豊川の左中間を破る中前打でサヨナラ勝ちするというスリリングな展開だった。 試合開始当初は日本文理豊川の先発、田中 空良(3年)を攻略できると思っていた。履正社溝田 悠人(3年)のところでも書いた振幅の大きい投球フォームがコントロールミスを誘うと考えたからだ。

 投げに行くときの体の上下動、テークバック時に右腕が深く背中のほうに入ること、それらが原因の左肩の早い開き……プロでは2011年の選手権でストレートの速さが注目され、同年のドラフト会議で横浜DeNAから1位指名された北方 悠誠(唐津商)が似たタイプだ。北方は現在も制球難に見舞われることが多いが、この日の田中はそれほど荒れなかった。と言うより、13回投げて与四球がたった1個だから、制球はよかったと言うべきだろう。

 とくに目立ったのが変化球のキレのよさとコントロールだ。縦・横2種類のスライダーと打者近くで小さく落ちるスプリット、さらに縦のスライダーと見紛うようなチェンジアップ(シンカーっぽい変化)があり、中盤以降はこれらを主体に投球を組み立て、日本文理の強打線を見事に抑え切った。

 ストレートがよくなかったわけではない。序盤はクセの強い投球フォームからぶんぶん腕を振って140キロ台の速球を投げ込み、最速は145キロを計測した。しかし、ストレートは結果的に“見せ球”だった。これだけ速いストレートがありますよ、とアピールし、それが日本文理打線各打者の頭にインプットされたと思った瞬間から変化球を多用し、39アウトのうち三振13、ゴロアウト20という内訳を見れば、田中の変化球がいかに有効だったかわかる。