2014年06月15日 明徳義塾高校野球道場

大阪桐蔭vs明徳義塾

2014年 練習試合(交流試合) 練習試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

好敵手・大阪桐蔭との対戦後、明徳義塾が打った「大変革」

 

馬淵史郎監督の指示を聴く明徳義塾の選手

 練習試合終了後、バックネット裏の荷物置き場ではピリピリとした空気が張り詰めていた。高校生らしい笑顔は無い。自分自身に対し「腹が立つ」とこぼす選手が続出。明徳義塾ナインは6月3日の高知県高野連特別招待試合後、馬淵史郎監督がこぼした「貧打」を打破出来ない現状に今も、もがき苦しんでいる。

 この日は大阪桐蔭(大阪)、創志学園高校(岡山)をホーム・明徳義塾高校野球道場に迎え練習試合を行った明徳義塾。前日の智辯和歌山(和歌山)との練習試合にも先発したエース岸 潤一郎(3年)が大阪桐蔭戦で先発した。連投にあっても好調を維持していた。9回完投で11奪三振。春季近畿大会を制した大阪桐蔭自慢のクリーンナップには1本もヒットを許さなかった。

 それでも明徳義塾は1対3で大阪桐蔭に昨年同様、練習試合で敗れた。なぜか?攻撃に勢いがついてこないからだ。

 唯一のチャンスは0対1で迎えた6回裏である。先頭打者の2番大谷 勇希中堅手(3年)が大阪桐蔭先発・福島 孝輔(3年)から死球を得ると、続く3番・多田 桐吾左翼手(3年)が犠打。4番・岸、5番の西岡 創太一塁手(3年)も四球を選び、さらに二死満塁から代打・佐田 涼介(2年)も四球を得て1点をもぎ取った。

 しかし後が続かない。8番・棈木 裕亮捕手(3年)への2球目、明徳義塾は三塁ランナーと二塁ランナーがディレイドスチールを同時に仕掛ける高度なトリックプレーで勝ち越しを狙うも、大阪桐蔭横井 佑弥捕手(3年)は冷静に三塁送球。これも貧打の焦りが裏にあったからだろう。

【次のページ】 大阪桐蔭vs明徳義塾(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
高卒ドラフト選手でNo.1を目指す!この冬に勝負をかける加茂優太(藤井学園寒川)が語る未来とは? 【ニュース - インタビュー】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
「高知県高校野球の2018年秋」の総括と有力校の近未来像 【ニュース - コラム】
第824回 出でよ!「4強+3」に続く勢力 秋季高知県大会総括【大会展望・総括コラム】
第9回 ドラフト指名が10人!2017年U-18ワールドカップで優勝したアメリカ代表の現在地【世界の高校野球】
第822回 「学びの力」が成績として反映された秋季四国大会【大会総括】【大会展望・総括コラム】
第23回 次世代に示唆を与える「高知県高校野球学校対抗戦」【四国発】
第820回 動画で振り返るミレニアム世代のトップランナー!根尾昂(大阪桐蔭)が見せた圧倒的身体能力とひりつくような熱気【大会展望・総括コラム】
第835回 非日常だった甲子園での日々 高校3年間はかけがえのない思い出 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.3 【2018年インタビュー】
第821回 選抜連覇のPL学園を奇襲で破る!激戦の末甲子園へ MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.2 【2018年インタビュー】
第805回 近畿大会ナンバーワン左腕へ!辛苦を乗り越えた清水大成(履正社) 【2018年インタビュー】
第804回 大阪桐蔭撃破のキーマン・東妻純平(智辯和歌山)細やかな準備が勝利を呼ぶ ! 【2018年インタビュー】
智辯和歌山vs大阪桐蔭【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs橿原【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs関大北陽【大阪府 2018年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
大阪桐蔭vs済美【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
大阪桐蔭vs下関国際【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
大阪桐蔭 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る