2014年05月25日 那覇市営奥武山野球場(沖縄セルラースタジアム那覇)

宜野座vs浦和学院

2014年 練習試合(交流試合) 第 43 回沖縄県高校招待野球試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

宜野座、浦和学院に逆転勝利!

 浦和学院は初回、臺 浩卓宜野座先発知念 諄也へ挨拶代わりの三塁打をライトへ放つと2番に座った諏訪 賢吉がキッチリとセンターへ犠牲フライを上げて先制した。

 4回まで城間の二塁打1本のみに抑えていた浦和学院先発の本澤 風吹だったが5回表、この回先頭の城間 公希に、セーフティーバントヒットで出塁を許すと犠打のあと8番赤崎 龍一にレフト前へ運ばれて同点とされた。

 追い上げる宜野座は8回、ヒットとエラーで無死一・三塁と絶好のチャンスに4番宜野座 颯がセンター前へタイムリーを放ち逆転に成功。9回にも二死二塁から代打仲間 圭吾にタイムリーが飛び出すと、知念諄也をリリーフした伊保 拓海が9回に代打で打席に入った小島 和哉のヒット1本に抑えて快勝した。

 らしくないエラーが出てしまった浦和学院だが、関東からの遠征に加え2試合で4試合をこなすことや、快晴下の南国の暑さなどを考慮すると、ハードな日程にも負けない精神力と高い技術を惜しみなく出し切ったのではないだろうか。

 二日間合わせて『15イニング連続無失点』の小島 和哉を中心としつつ、この沖縄遠征でより強固となった"うらがく"精神で、聖望学園春日部共栄などライバルへ立ち向かうべく、埼玉夏の陣へと走り出した浦和学院。昨年夏、仙台育英との死闘の末に敗れたまま時計が止まっている聖地での借りを返すまで、立ち止まるわけにはいかない!

(写真・文=當山 雅通)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
2年生エース・小島と安楽が対戦!2013年の選抜決勝戦を戦った浦和学院と済美ナインのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
森下暢仁がプロ初勝利! U-18日本代表時のメンバーは誰がいた? 【ニュース - 高校野球関連】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
宜野座vs本部【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1005回 投打に充実の沖縄尚学がいるAブロック、具志川や未来沖縄らがひしめくBブロック!【春季沖縄県大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第997回 花咲徳栄、浦和学院はもちろん2020年の埼玉のトップを走る6チームは??【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
花咲徳栄vs浦和学院【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
浦和学院vs埼玉栄【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
浦和学院vs正智深谷【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
浦和学院vs川越工【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第999回 確かな取り組みで上積みを見せた埼玉県ナンバーワン右腕・飯島一徹(東農大三)【前編】 【2019年インタビュー】
第957回 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏が読売ジャイアンツ時代に実践し続けた「一流の習慣」vol.3 【2019年インタビュー】
第955回 活躍するために持つべき3つの視点とは 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)vol.2 【2019年インタビュー】
第952回 前U-15侍ジャパン監督 清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)インタビュー 「怖さ」は「強さ」になる vol.1 【2019年インタビュー】
浦和学院 【高校別データ】
宜野座 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る