2014年05月25日 那覇市営奥武山野球場(沖縄セルラースタジアム那覇)

浦和学院vs美里工

2014年 練習試合(交流試合) 第 43 回沖縄県高校招待野球試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

 浦和学院小島 和哉美里工伊波 友和の気迫あふれる投手戦となった試合。 連投となった小島 和哉だが、昨日の疲れも見せないかのようなピッチングを疲労。3、4、5回に単打を一つずつ与えるだけでお役御免となった6回も三者凡退で締めるなど、無四球の 52 球。二日間合わせて 15 イニング連続無失点で沖縄のファンにその勇姿を刻み込んだ。

 だが、その小島 和哉をさらに上回ったのが伊波 友和だ。3回に盗塁で二塁ベースの占有を許したものの、5回を投げて2奪三振1四球ノーヒットと完璧だった。昨年の九州秋季大会決勝戦で煮え湯を飲まされた沖縄尚学へのリベンジを果たし、関東一に敗れた選抜での借りを夏の聖地で返すという高き目標を掲げるエースに、死角は無くなりつつある。

 美里工は二番手に島袋 倫が登板。二つの四球を許すが津田 将希と代打の西野 真也から三振を奪うなどまずまずのピッチングと言えようか。

 浦和学院も二番手の小倉 匡祐が踏ん張る。7回には一死一・二塁と走者を背負うも、田畑 瑛仁が二塁へ牽制しアウトにして助けるなど、無失点に抑えた。

 一番の見所となったのは8回。二死一・二塁とした浦和学院は代打の諏訪 賢吉がライト前へ運ぶ。もちろん本塁を狙った二塁走者だが、美里工にはこの男がいた。強肩はもちろん、常にグローブに吸い込まれるような送球の高さと、何よりも"攻め"の姿勢を見せる積極果敢な守りが売りの松堂 正だ。ライトからの見事なレーザービームが與那嶺 翔のミットへ届きタッチアウト。両軍ともに長打を許さず、投手を中心として築き上げてきた堅守を披露したゲームで、9回規定により引き分けとなった。

(写真・文=當山 雅通)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
2年生エース・小島と安楽が対戦!2013年の選抜決勝戦を戦った浦和学院と済美ナインのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
森下暢仁がプロ初勝利! U-18日本代表時のメンバーは誰がいた? 【ニュース - 高校野球関連】
美里工vs興南【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第114回 諦めない限り、夢は続く 沖縄の名将たちが球児へあらゆる形でメッセージを送り続ける【高校野球コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第17回 まだ議論が出尽くされていない。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【後編】【沖縄の高校野球】
第17回 甲子園開催の、大会開催の道を探そう。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【前編】【沖縄の高校野球】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
美里工vs前原【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
花咲徳栄vs浦和学院【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
具志川vs美里工【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
浦和学院vs埼玉栄【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第999回 確かな取り組みで上積みを見せた埼玉県ナンバーワン右腕・飯島一徹(東農大三)【前編】 【2019年インタビュー】
第957回 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏が読売ジャイアンツ時代に実践し続けた「一流の習慣」vol.3 【2019年インタビュー】
第955回 活躍するために持つべき3つの視点とは 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)vol.2 【2019年インタビュー】
第952回 前U-15侍ジャパン監督 清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)インタビュー 「怖さ」は「強さ」になる vol.1 【2019年インタビュー】
浦和学院 【高校別データ】
美里工 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る