2014年05月11日 鹿児島県立鴨池野球場

横浜vs大島

2014年 練習試合(交流試合) 第44回南日本招待高校野球
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

大島、守りのミスで自滅、悪循環、断ち切るのはいつか?

 

試合開始の挨拶

 大島は攻守に精彩を欠き1―8で敗れた。
 初回に1番・浅間 大基(3年)に先頭打者本塁打を打たれ、守りのミスも絡んで2点を先制された。2回に2本の内野安打などで好機を作り、7番・川畑 雅樹(3年)の犠牲フライで1点を返すが、3回二死から3連打を浴びて3点を失った。2番手・前山 優樹(2年)、3番手・渡 秀太(1年)と投手陣は粘り強く投げたが、3回以降は打線が沈黙。守備も踏ん張れず、不用意な失点が重なった。

 「まずは守備でミスをしないようにしたい。ミスがあっても引きずらずに切り替えて、自分たちらしい野球をしたい」
 前日の練習で、大島重原 龍成主将(3年)はそう意気込みを語ったが、試合は真逆になった。高校球界屈指の名門・横浜に力で圧倒されたわけでなく、ミスから自滅し、「自分たちらしい野球」ができなかった。

 初回は遊撃手・重原、3回は中堅手・小野 浩之介(3年)が追いついたはずの打球を落球(記録は二塁打)、四回は二塁手・武田翔梧(3年)、6回は左翼手・泊 慶悟(3年)、チームの中心選手のミスが失点に絡んだ。持ち味の打線も「防戦一方の展開で、攻撃に気持ちが切り替えられなかった」(渡邉恵尋監督)。内野安打のみの4安打、14奪三振と精彩を欠いた。 

 マウンドに、本来のエース福永 翔(3年)がいないことが響いている。エースが故障で投げられないからこそ、残りの投手陣と守備が踏ん張ってリズムを作りたいのだが「そのことを意識し過ぎたのか、野手の動きが硬かった」(渡邉監督)。
 甲子園の龍谷大平安、九州大会の熊本工、沖縄遠征での美里工、そして横浜と、格上の強豪校に敗れ、「自信」を見失いかけている。「ミスなくやれれば、このクラスの相手とも十分やれるポテンシャルはある」(渡邉監督)だけに、どこかでこの「悪循環」を断ち切りたいところだ。

 2番手で登板した前山は、投げ方を横手に変えたことで、連打を浴びにくくなった。3番手の渡は九州大会の熊工戦に続き、無失点で切り抜けている。敗戦の中にも収穫はあった。「このまま沈んでいくのか、それとも奮起してまた立ち直るのか」(渡邉監督)。今の試練をどう乗り越えるかが、夏のカギを握る。

(文=政 純一郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
俳優・吉村卓也が選ぶ平成の甲子園スターベスト5を紹介!【投手編】 【ニュース - コラム】
第27回 平成の甲子園を沸かせたスター選手!吉村卓也的ベスト5!【投手編】【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
新時代の幕開け!新元号・令和最初のスター候補生をピックアップ! 【ニュース - コラム】
第892回 今年の神奈川は東海大相模が「横綱相撲」で頭一つ抜ける!上位進出チームの課題は?【大会展望・総括コラム】
第79回 令和がスタート。令和元年の怪物候補8名をピックアップ!【高校野球コラム】
第78回 平成最後の日。平成の怪物と呼ばれた投手を振り返る【高校野球コラム】
桐光学園vs横浜【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第889回 東海大相模が最右翼!春季神奈川県大会準決勝の見所をチェック!【大会展望・総括コラム】
横浜vs弥栄【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜vs藤沢翔陵【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
立花学園vs横浜隼人【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜vs星槎国際湘南【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 闘争心をストロングポイントにライバルに立ち向かう! 藤代エース・中山航!【前編】 【2019年インタビュー】
第894回 名伯楽の指導によって覚醒した野村健太(山梨学院)目指すは高校通算50本塁打!【後編】 【2019年インタビュー】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
大島 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る