2014年03月08日 はぎまろ球場

八戸学院光星vs明秀学園日立

2014年 練習試合(交流試合) 練習試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

八戸学院光星が前監督率いる明秀学園日立と試合

八戸学院光星・佐藤 駿選手

 対外試合が解禁となり、今年も高校野球が始まるのだなと実感が高まる。といっても、まだまだ寒さは厳しい。東北地方の多くの高校のグラウンドは、まだ雪解けしておらず、試合どころか練習もままならない状況だ。やはり、東北地方の環境的なハンディキャップは否定できないなと思う。昨秋の東北大会で優勝し、選抜大会に出場する八戸学院光星も八戸市のグラウンドはまだ真っ白だという。

 そんな中、八戸学院光星この日の練習試合解禁に伴い、茨城県までやってきた。今年初の練習試合の相手は、明秀学園日立。ここの金澤成奉監督は、八戸学院光星(旧光星学院)の前監督である。1995年から15年間、指揮を執り、強豪に育て上げた。2010年4月から総監督としてチームをバックアップ。現場を離れて学んだ打撃論をチームに取り入れて“豪打の光星学院(当時)”を創り、チームは2011年選抜大会から4季連続甲子園出場、2011年夏から3季連続甲子園決勝進出を果たした。

 そして、2012年9月1日、明秀学園日立の監督に就任した。今回、八戸学院光星は金澤監督就任後に初めて明秀学園日立を訪れ、高萩市で選抜に向けた実戦のスタートを切った。

 この日は、前夜の気温が低かったため、グランドに霜が降りていた。太陽が顔を出すと溶け出し、グラウンドはぐちゃぐちゃに。午前中いっぱい、明秀学園日立の部員たちがグラウンド整備を行ってくれて、午後から試合をすることができた。
 試合前のシートノックは、八戸学院光星にとって昨年11月以来のシートノックとなった。むしろ、雪がない土のグラウンドを見たのも久しぶりのことだ。八戸学院光星には室内練習場がない。そのため、1日練習ができる日は、岩手県久慈市にある室内練習場を借りて練習する。そこは人工芝のため、内野手はノックを受けてもイレギュラーがなく、ボールは“来てくれる”ため、土の上とは感覚が違う。外野手はフライにしろ、ゴロにしろ、外で受けたのは久々。捕球の感覚はすぐに戻っても、長い距離の送球が逸れる場面が多くあった。内野手との連携も実戦不足を感じさせた。

【次のページ】 八戸学院光星vs明秀学園日立(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
石川昂弥は高水準キープ!森敬斗、田部隼人のDeNA遊撃コンビが躍動! 【ニュース - 高校野球関連】
どちらが勝ち越している?八戸学院光星と青森山田の直近5年での直接対決を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
第1回 選抜優勝校に、初出場の新鋭!2019年の愛知を彩った高校野球3大ニュース【愛知の高校野球】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
中京学院大中京vs八戸学院光星【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第228回 石川、森、韮澤…。プロ志望表明のU-18代表野手はプロで活躍できる魅力が備わっている【ドラフト特集コラム】
第22回 世界一への道は、野手陣の成長が最重要!U-18野手の走攻守の課題を洗い出し!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
明石商vs八戸学院光星【第101回全国高等学校野球選手権大会】
八戸学院光星vs海星【第101回全国高等学校野球選手権大会】
八戸学院光星vs智辯学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
八戸学院光星vs誉【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第884回 求道者・熊田任洋(東邦)が望むのは全国最多のV5!【後編】 【2019年インタビュー】
第883回 4番熊田任洋(東邦)はチーム一の求道者!経験を力に変える学習能力の高さ 【2019年インタビュー】
第830回 2019年のスター候補生・武岡龍世(八戸学院光星) その素顔と意識の高さに迫る 【2018年インタビュー】
第823回 脈々と受け継がれる八戸学院光星の右のエース像 後藤丈海(八戸学院光星) 【2018年インタビュー】
八戸学院光星 【高校別データ】
明秀学園日立 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る