2013年11月19日 明治神宮野球場

日本文理vs今治西

2013年 第44回明治神宮野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

先発の藤田優平投手

日本文理が12安打10得点の猛攻で今治西をコールドで下す!

 接戦をモノにして準決勝進出を決めた日本文理。先発は藤田 優平(2年)だった。前日にエース・飯塚 悟史(2年)は156球を投げており、大井道夫監督はこの日、投げさせないと決めていた。本来ならば、夏の甲子園で登板した小太刀 緒飛(2年)が登板すると思われたが、小太刀は肩、肘を痛めていて、現在は投げられない。大井監督は藤田を起用した意図を、
「彼はBチームで投げていた投手。練習に対する姿勢が素晴らしかったので、彼に託そうと思って、ベンチに入れました」と語る。
 期待されてマウンドに登った藤田だが、1番田頭 寛至(2年)に四球を与えると、二死二塁から、4番福原健太(2年)にレフトオーバーの二塁打を浴び、先制点を許す。
 今治西は、幸先よく先制をしたが、その裏、一死から2番黒䑓 騎士(2年)が左中間を破る二塁打を放ち、3番小太刀のファーストゴロで二死三塁。4番池田 貴将(2年)を迎えたところで、ワイルドピッチで同点となった。今治西の大野康哉監督は「これでチームが浮き足立ってしました」とワイルドピッチを悔やんだ。

 2回表に今治西は8番杉内 洸貴(1年)の犠牲フライで一旦は勝ち越すものの、その裏、無死二塁から7番星 兼太(1年)にタイムリー二塁打を浴びて再び同点。さらに3回裏には、星のセカンドゴロの間に勝ち越しを許した。日本文理はリードを奪った後、ペースを握る。

 4回裏、一死から1番竹石 稜(2年)の死球、2番黒䑓の犠打で二死二塁となり、3番小太刀が四球。この四球の間に竹石が三盗に成功して二死一、三塁とすると、4番池田がピッチャー強襲のタイムリー内野安打で4対2。二死一、二塁となって、5番小林がレフトに強烈ライナー。レフトが飛びつくも弾いてしまい、打球は外野を転々と転がり、二者が生還して、6対2。さらに二死二塁から6番鎌倉 航(2年)が右中間を破るタイムリー二塁打で7対2となった。

 この日本文理の打撃は見事。今治西神野 靖大(2年)は130キロ前半の直球、スライダー、カーブ、シュートを内外角に織り交ぜて打たせて取ることができる実戦派左腕だが、今日は連投のためボールが来ていないのか、手元まで伸びていない。今治西の大野監督は「不調の中でも立ち直ることができる投手なので、続投させました」と語るが、日本文理打線がストライクゾーンに入ったコースを逃さない打撃、また守備のミスもあって、突き放されてしまった。

 日本文理の打線は力強く、右打者ならば右方向、左打者ならば左方向へ伸びる打球を飛ばしている。大野監督は守りにミスがあったことを反省点として挙げていたが、逆方向へ伸びる打球を打つ日本文理の打者を見て、「うちも見習いたい」と語った。


【次のページ】 日本文理vs今治西(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
活動再開に向けて一歩ずつ前へ。各都道府県の学校再開、夏の大会開幕予定一覧リスト 【ニュース - 高校野球関連】
第111回 あの名将があの高校へ!元U18日本代表監督や横浜高校など、この春にあった主な人事異動一覧 【高校野球コラム】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
関東一vs日本文理【第101回全国高等学校野球選手権大会】
高松商vs日本文理大附【2019年 練習試合(交流試合)・春】
尽誠学園vs日本文理大附【2019年 練習試合(交流試合)・春】
富岡西vs今治西【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
今治西vs八幡浜【愛媛県 2019年春の大会 平成30年度春季四国地区高等学校野球愛媛県大会】
第644回 鈴木裕太(日本文理)「すべては新潟県に優勝旗を持ち帰るため」【後編】 【2018年インタビュー】
第642回 鈴木裕太(日本文理)『信越の剛腕』誕生の瞬間 【前編】 【2018年インタビュー】
第516回 若林 尚希さん(日本文理出身)「県勢初の夏準Vに導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
第217回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【後編】 【2014年インタビュー】
第216回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【前編】 【2014年インタビュー】
今治西 【高校別データ】
日本文理 【高校別データ】
第44回明治神宮野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

今治西今治西高校頑張れ!高校野球ファン 2013.11.18
今治西高校、最小失点で抑え勝利することを祈っています。

めざせ!神宮大会初優勝!
今治西四国に選抜枠が2校から3校になる為、にもがんばってください。四国の高校野球白石 新 2013.11.18
の強いところを見せて、是非優勝してください。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る