エース今井を中心に歓喜の輪ができる

優勝か敗者かを決めた紙一重のプレー

 三重が8回裏に鮮やかな逆転劇を演じ19年ぶりとなる秋季東海王者に輝いた。

 初回に豊川は先頭打者・中村 胤哉(2年)の右中間を破る三塁打でチャンスを作ると、二死から5番・伊藤 竜平(2年)がタイムリーを放ち先制。さらに2回にもチャンスで中村に打順が回ると、今度はレフト頭上を越す三塁打で2点目を挙げた。

 三重は夏の甲子園で2イニングを投げた経験もある新チームのエース今井 重太朗(2年)が登板。序盤に2失点を喫したが、その後は7回まで追加点を許さず我慢の投球を続けた。

 再び試合が動いたのは8回。豊川は二死二塁のチャンスで、再び中村がこの試合2本目のタイムリーヒットを放ちリードを広げた。
 3点のリードをもらった豊川のエース田中 空良(2年)は7回まで三重打線に6本のヒットを許しながらも、大事なところで自慢のスライダーが冴え完封ペースで終盤を迎えた。

「決勝戦で緊張してしまいチームがバラバラになっていた」三重のキャプテン長野 勇斗(2年)は5回終了後のインターバルに選手同士で「もう一度ひとつになろう」と声をかけた。
 長野は打ち損じてきたスライダーへの対抗策もチームメイトに示した。
「曲がる前にバットに当てるため、立つ位置をやや前にした」という8回の打席ではスライダーを狙い打ち。左中間を深々と破る三塁打で反撃の口火を切った。

 この一打で導火線に火が付いた三重打線は長打を浴びてリズムを乱す田中に襲い掛かる。2番・内田 蓮(2年)の内野安打で長野が生還し1点を返すと、後続も連打で続き逆転のランナーを含む二死満塁の場面を作った。