サヨナラ勝ちに沸く豊川

勝負のポイント!受け取り方は・・・

勝負の終わりは唐突に訪れた。

2対2の同点で迎えた9回裏。二死ながら二塁に走者を進めた豊川は、2番杉浦 健太(2年)がライトへ平凡なフライを打ち上げる。
誰もが、『延長戦へ突入』と思った瞬間、風に押し戻されたフライに、静岡のライト・安本 竜二(1年)は追いつくことができず、ボールがポトリと芝生の上に落ちた。二死ということでスタートを切っていた走者の中村胤哉(2年)が本塁を陥れ、ゲームは決着。豊川が悲願の決勝進出を果たした。

歓喜に沸く選手を横目に、「気持ちの強さで勝った」と今井陽一監督は選手を讃えた。

実はこの9回の攻撃。豊川にとって、流れは決して良いとは言えなかった。
先頭の8番田中 空良(2年)がレフトへのヒットで出塁したものの、9番島空莉(1年)がバントを決めることができずに、結果は見逃し三振。そして1番中村がセカンドゴロを放ち、ダブルプレーでチェンジかと思われた。

しかし、一塁への送球が大きく逸れて、打者走者の中村が二塁に到達。相手のミスに救われる形で、「自分に廻ってこい」と思っていた2番杉浦の一打に繋がった。