木村聡司投手(常葉橘)

明暗を分けたエース対決

2回に常葉橘が三連打で先制したが、豊川は3回、4番・高桑 平士郎(2年)のタイムリー二塁打などで3点を挙げ逆転。6回にも常葉橘の守備が乱れから3点を加えた。
常葉橘は7番・内野 琢麻(1年)が3本のタイムリー、4打点の活躍で2点差まで詰め寄る。9回にも二死満塁のチャンスを作ったが、あと1本が出ず東海大会は初戦で敗退。豊川は去年敗れた1回戦を突破しベスト8へ進出した。

県大会で好投を見せた2人の右腕対決。豊川田中 空良(2年)と常葉橘木村 聡司(2年)は、それぞれ130キロ台後半の速球で迫力のある投げ合いを演じた。

常葉橘の木村は立ち上がりからコントロールが定まらず、四死球でピンチを作ったが味方の守備に助けられ併殺打で切り抜けた。「もともと制球の良い投手ではないが、きょうはカウントを取れるボールが無かった」と常葉橘の黒澤学監督。

木村は3回も先頭打者に四球を与えると、失策がらみで二死二、三塁のピンチを迎えた。
打席はの4番・高桑。豊川の今井陽一監督は、いつもより下がり目に立ちバットを短く持つように指示を出した。「打ってチームを盛り上げたい」と打席に向かった高桑は、3ボール、1ストライクからの5球目、139キロの直球をコンパクトなスイングでレフト線へ弾き返した。