くせのあるピッチングで翻弄した両投手

 福井商は1回戦の帯広大谷戦で好投した背番号1の中村 文英が登板せず、先発したのは背番号10の長谷川 凌汰(3年・右投左打・188/84)。福井大会に登板したのは1試合・1イニングだけで、福井商の絶対エースはやはり中村ということだろう。

  長谷川は試合経験は少なかったものの、ピッチングだけは繊細だった。スライダー、カーブに130キロ台中盤のストレートを交えた緩急と、内外の出し入れで勝負するタイプで、これが見事にはまった。被安打6、与四球2でわかるようにコントロールが安定していたことが1失点完投勝利の大きな理由だ。

 聖光学院石井 成(背番号10)も危なっかしかった。始動のときリズムをつけて飛び跳ねるような動きをするので投球フォームに上下動が伴い、ストレートだけでなく、変化球も抜け気味だった。打者としては5回に1死一塁の場面でバントを敢行するが、これが投手正面に転がり、1-6-3のダブルプレーを喫する。その際、一塁まで緊張感のない走りをして、相手ディフェンス陣を助けたのは大きな減点材料である。

 しかし、ピッチングだけに限ると、経験値の少ない2人がひとくせもふたくせもある福井商聖光学院両校の打線を見事に抑えたと言える。石井のピッチングに言葉を加えると、ボールは確かに抜けたが、これを福井商打線がよく振ってくれた。たとえば、3回の一死二塁のときの関 了摩(三塁手)、二死二、三塁のときの安田 敦貴(右翼手)は抜けたストレートを振って空振りの三振、投手ゴロに倒れている。安田などはよけたバットにボールが当って投手ゴロになった。