廣橋敬大(遊学館)

ライバルに見せつけた成長!

遊学館敦賀気比
昨秋の北信越大会準々決勝で対戦。この時は延長10回の末、1対0で敦賀気比が勝った。それ以来の再戦。悔しさを味わった遊学館の選手たちは、『絶対にリベンジしたい』という強い気持ちでこの日の一戦に臨んだ。

敦賀気比の先発はエースの岸本 淳希(3年)。完封を喫した投手を相手に、立ち上がりから遊学館打線が立ち向かう。

二死から3番北口 将大(3年)がヒットを放つと、4番廣橋 敬大(1年)が打席に立った。1年生4番に対し、2ストライクと追い込んだ岸本。だがここから廣橋がファウルで粘り、岸本が逆に追い込まれる。フルカウントからの10球目はボール。根負けしたのは岸本の方だった。
「三振を取ろうとしたが取りきれなかった」と悔やんだ岸本と喜多 亮太(3年)の敦賀気比バッテリー。

続く5番太田将野(3年)の内野ゴロが暴投となり、昨秋無得点だった遊学館に1点が入った。

2回の遊学館も二死から。
9番谷西湧(3年)のヒットから三連打で満塁とすると、3番北口がタイムリー。さらに4番廣橋が2ボール1ストライクからの4球目をフルスイングすると、打球は左中間奥深くへ落ちる走者一掃のタイムリー三塁打。

2回で5対0となり、敦賀気比の東哲平監督は、3回の攻撃で岸本に代打を送った。