上田西・大塚雅也が意地の同点タイムリー

リベンジに挑んだ一戦!延長の激闘の先に・・・

昨秋の北信越大会準決勝で敦賀気比に敗れ、春の甲子園出場がならなかった上田西
『もう一度敦賀気比と対戦し、リベンジする』と誓って春の県大会を勝ち抜き、願い通り初戦での再戦が実現したが、延長14回の激闘の末、最後は力尽きた。

「悔しいです」と肩を落としたのは主将でキャッチャーの大塚 雅也(3年)。ただそれ以上に、秋に味わった経験を生かした、収穫の多い試合でもあった。

惜しむのはやはり初回の2失点。エースの浦野 峻汰(3年)は、前日先頭打者本塁打の1番峯 健太郎(2年)を三振に取った。
リベンジに懸ける思いをボールに乗せ、これで勢いづくかと思われる入りだったが、2番米満一聖(3年)の内野安打でその雰囲気が途絶えてしまう。盗塁を許して二死二塁となり、4番喜多 亮太(3年)がタイムリー。さらに5番浅井 洸耶(2年)にもタイムリーを浴びた。

機先を制される形となった上田西。原公彦監督は、「浦野はボールを揃えすぎて、ゾーンで勝負をしてしまった」と失点に繋がった原因を探る。

この後、どうなるのか?そんな雰囲気に一瞬だけなったたが、ここから浦野は立ち直る。
立ち上がりの反省を生かし、ボールをゾーンから散らすピッチングに変化。リベンジへの気持ちも籠り、敦賀気比打線は凡打を繰り返した。

2回に1点を返したあと、1点差での緊迫した展開が続く。勝負所が訪れたのは7回だった。
このイニング先頭の6番佐藤 辰徳(3年)がヒットを放つ。続く7番金井 広野(3年)はバントの構えを見せつつ、バスターエンドランに切り替えて、これが成功。送球間に金井も二塁へ進み、無死二、三塁と絶好のチャンスを作った。
8番浦野が三振に倒れ、一死二、三塁。打席に立った9番大塚のカウントは、2ボール0ストライクとなった。

『次は絶対にストライクを取りに来る』そう読んだ上田西陣営は、スクイズを選択。敦賀気比先発の玉村 祐典(3年)が投じた3球目、大塚がバントの構えを見せた。しかし・・・

敦賀気比のキャッチャー・喜多がそれを察知し、大きくピッチドアウト。走者・佐藤の代走として起用されていた富士原 和貴(3年)が三本間に挟まれてタッチアウトになった。
「相手のキャッチャーにやられました」と唇を噛みしめた大塚。この場面で読み切っていた喜多の勝負勘に脱帽の様子。

だが、大塚は一度意地を見せ、同点タイムリーを放った。これが秋に味わった課題である粘りを克服したシーン。

そのままゲームは延長戦へと入った。