2013年05月26日 佐藤薬品スタジアム(奈良県立橿原公苑野球場)

履正社vs奈良大附

2013年春の大会 平成25年度春季近畿地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

本塁を踏みたいエース久保(奈良大附)

9回の攻防!投手の心情は・・・

2回、履正社の4番・宮本 丈(3年)の一発で動き出したゲーム。しかし両チームともバントなどが中々うまくきまらず、流れを掴みきれない。
そして8回表。奈良大附は二死三塁から、履正社の左腕・東野 龍二(3年)の暴投で2対2の同点に追いついた。
どっちつかずの展開は、得点も双方同じまま9回を迎えた。

9回表、奈良大附は先頭の6番細川貴由(2年)がセンター前ヒットで出塁。途中出場の7番伊藤徹(3年)は送りバントを試みるも、履正社の東野が二塁へ投じて、犠打は失敗となった。
一死一塁で走者が変わり、打席は8番久保秀平(3年)。奈良大附ベンチは次にどんな策を使うのか?マウンドの東野は探りを入れながら、久保に対する。
0ボール2ストライクになり、奈良大附サイドの策が明らかになった。一塁走者・伊藤が、右足の方に体重をかけてしまったのである。

左投手である東野はこの動きを見逃さなかった。『スタートしてくる!』と察し、冷静に一塁へ牽制。右足に体重がかかっていた走者の伊藤は誘い出されて、二塁でタッチアウト。走者がいなくなってしまった。

それでも奈良大附のエースである久保は、ここからファウルで3球粘り、6球目を右中間へ弾き返す。久保は懸命の走りで三塁まで達した。走者がいなくなった後の三塁打という皮肉な形にはなったものの、久保の『勝ち越したい』とう執念の一打で再びチャンスを作った奈良大附。9番西辻理誠(2年)が打席に向かった。

「勝ち越しのホームを踏ませてくれ!」という気持ちだったという久保が本塁を見つめる。キャッチャーでもある西辻は必死に粘りフルカウント。そして勝負の9球目、西辻が放った打球はショートゴロに。久保の願いは叶わなかった。

【次のページ】 履正社vs奈良大附(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
今年の近畿地区は野手豊作年。土田龍空(近江)、西野力矢(大阪桐蔭)などすでに8名がプロ志望を表明 【ニュース - 高校野球関連】
七夕(7月7日)に起きた履正社若手コンビの活躍。寺島成輝はプロ初勝利、安田尚憲は今季初本塁打! 【ニュース - 高校野球関連】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第1004回 今年も群雄割拠!!2020年の大阪の勢力図を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第5回 昨年夏に初の全国優勝を成し遂げた履正社の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs奈良大附【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
奈良大附vs近江【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
奈良大附 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
春季近畿地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

履正社いてまえ!!ミゾテル 2013.07.03
尚也期待してんで!
頑張れ!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る