勝ち越し本塁打を放った常葉菊川3番・遠藤

常葉菊川が大会初優勝 遠藤康平が殊勲弾

春季東海大会は26日、霞ヶ浦球場で決勝戦を行った。静岡県勢同士の対決となった一戦は、終盤までもつれたが常葉菊川が凌ぎ、優勝を決めた。

試合は初回、常葉菊川がクリーンナップの3長打で3点を先制した。5回表にも3点を挙げると、先発の背番号10・堀田 竜也(3年)が奮投し、走者を幾度も背負いながら9イニングスを投げきった。

常葉菊川に大会初優勝をもたらしたヒーローは3番・遠藤 康平(3年)だ。5回表に走者一塁の場面で打席に入り、左翼席へ高校通算12本塁打目となる勝ち越しアーチを放り込んだ。9回表には先頭打者として登場すると、初球を振り抜き、ホームラン性の惜しいファールに。この日2本目の柵越えかと思わせる大きな当たりで客席を沸かせた。しかしこれで力まなかった(一発狙いにならなかった)のはさすがで、忠実にセンター前へ弾き返し4安打目をマークした。手がつけられないほど好調で、シュアなバッティングを披露。くしくも相手ピッチャーの静岡鈴木 亮(3年)は、中学時代に同じクラブチームで汗を流した間柄だといい、“元チームメイト”に完勝した格好だ。

遠藤以外の常葉菊川の面々も、やはりバットが振れていた。たとえば5回表は、遠藤の勝ち越し弾の直後に、4番松木 大輔(3年)がライトへ二塁打をかっ飛ばした。一発を浴びて気落ちする相手投手をさらに窮地に追い込む、痛快な一振りだった。このあと7番花堂 力斗(3年)のライト前ヒットで松木が生還。結果的に6対5で試合に勝ったことを考えると、この6点目も価値があった。