鈴木亮(静岡)

静岡、一つ上のレベルを…の思いで、昨秋東海王者の県岐商を下す

 昨年の春季、秋季東海大会を制し、夏春連続の甲子園出場を果たしている県立岐阜商。ここ1年では、東海勢としてはもっとも安定した実績を残していると言っていいであろう。そして、先のセンバツでは優勝候補筆頭だった大阪桐蔭を下して、その存在感を十分に示した。そんな実績もあって、この大会でも、優勝候補の筆頭に推す声も多かった。

これに対して静岡は、このところ東海大会に進出はするものの1点差で敗退することが多かった。それだけに、栗林俊輔監督は、「自分たちの質をもう一つ上に持っていくためにも、現在では東海地区でナンバー1である県立岐阜商とやれるという抽選になって、いい相手に当たれたと思いました。ここを乗り越えて行くことで、もう一つ上のレベルに行かれると思いました」という気持ちだった。

そんな指揮官の気持ちが選手たちにも反映されて、この日の静岡は打線が活気づいていた。

初回に1点ずつ取り合って始まった試合は2回、静岡の7番鈴木 亮君のソロホームランで一気に静岡に形勢が傾いた。低めのボールを上手に拾った感じで、腰の回転でスタンドまで持っていった技ありの本塁打だったのだが、その後、四球と3連打もあってこの回は都合3点が入った。

県立岐阜商は3回に藤田 凌司君の三塁打で1点を返したものの、すぐに4回に静岡も1点を追加していく。こうして、お互い点を重ねて行く展開になったのだが、県立岐阜商はセンバツで大阪桐蔭を倒した立役者でもあった左腕藤田君がもう一つ本来の調子に乗れないまま、6回途中でマウンドを降りることになった。

6回に2点を追加した静岡は、8回にも1点を追加して盤石の展開とした。静岡は、鈴木 亮君が5回を投げ、水野 匡貴君が残り4イニングを安打2本できっちりと抑えた。