2013年05月20日 宇都宮清原球場

専大松戸vs常総学院

2013年春の大会 第65回春季関東地区高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

マウンドに集まる専大松戸ナイン

専大松戸が2年ぶりの雪辱を果たし、準決勝進出!

 2年前の千葉で開催された以来の対決。専大松戸常総学院に敗れているだけに雪辱を果たしたい試合であろう。試合は終始、専大松戸ペースで進んだ。

 専大松戸は2回表に一死一、二塁から7番稲葉 魁(2年)のフェンス直撃の適時打二塁打で先制。さらに二死満塁から1番河村 将治(3年)の2点適時打で3対0と先行する。

さらに4回表には8番斎藤 竜一(3年)のセーフティースクイズで1点を追加し、4対0とする。5回表には4番西田 廣(3年)、6番石川 将也(3年)の適時打で6対0とする。

7回表、専大松戸は4番西田のホームランで7点目。その裏、常総学院髙島 翔太(3年)、吉沢 岳志(3年)の適時打、9回裏には内田 靖人(3年)の適時打で2点差まで詰め寄るものの、最後は専大松戸の3番手・高橋 礼が締めてゲームセット。準決勝進出を決めた。専大松戸は2年前の雪辱を果たした。

専大松戸といえば一昨年の上沢 直之 (現・北海道日本ハム)、去年の栗原 洸と投手力のカラーが強いチームだが、今年になって打撃のチームに転換。関東大会に進んでもその打力を発揮している。次は好投手・髙橋 光成擁する前橋育英と対戦する。

(文・編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【茨城・11日結果】取手二、鉾田一などが一回戦を突破!古河二は11得点も及ばず惜敗 【ニュース - 高校野球関連】
最速150キロ右腕・菊地竜雅(常総学院)、雨天の中でも5回7奪三振無失点の快投! 【ニュース - 高校野球関連】
常総学院vs水戸葵陵【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 軟式U-15経験者や磐城の143キロ右腕...ブレイク必至の好投手たち【東日本投手編】【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1004回 名将・木内監督から影響を受けた選手との二人三脚の重要性。2年ぶり甲子園を狙う土浦日大の課題は?【後編】【野球部訪問】
第992回 高校野球ドットコムが選んだ「2019年最強ベストナイン&MVP」を発表!【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs常総学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
拓大紅陵vs専大松戸【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
専大松戸vs東海大市原望洋【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
専大松戸vs東金【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第947回 さらなるレベルアップへ。キーワードは「左腕の使い方」 岩本大地(石岡一)【後編】 【2019年インタビュー】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
第768回 2018年のテーマは「逆方向」!春に結実 野村佑希(花咲徳栄高)  【2018年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
常総学院 【高校別データ】
専大松戸 【高校別データ】
春季関東地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る