この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

主砲・田代旭 復活を予感させる高校通算40号 ベスト4は広陵と対戦



本塁打を放った4番・田代旭(花巻東)

 東北大会王者の花巻東(岩手)は、開幕戦の國學院久我山(投手)戦で逆転勝利したが、高知戦(四国・高知)を見ると、完全に勢いに乗った感がある。

 1回表、佐々木 麟太郎内野手(1年)の中前適時打で幸先よく1点を先制した。佐々木は「神宮から調子を戻して2試合目ですが、初戦の結果を忘れて切り替えて1打席目入って、先取点が欲しかったので、チームに貢献出来たのが一番よかったです。変化球中心の配球だろうとデータや監督の話で感じていたので、カーブに対応してセンターへ打ててよかった」

 思考がしっかりしていて、シンプルにボールを待つことができている。それが結果に表れているのだろう。1回裏に同点に追いつかれるが、3回表には3安打を集中し、田代 旭捕手(2年)の中犠飛などで一気に3点を追加した。

 5回表にはボークから1点。6回表には田代 旭の高校通算40本塁打で貴重な追加点を挙げた。ヘッドスピードが速い中距離打者という印象が強かったが、この打席ではスラッガーらしいスイングだった。トップを深く取って、腰を鋭く回転させた100点満点のベストスイング。東北大会から見続けているが、スラッガーの片鱗を見せてくれた。

 田代は打撃好調な佐々木に刺激を受けている様子だった。
「1年生に負けていられないと思っていて、佐々木に追いつけるようにと思って打席に立っています」

 打者としての素質は素晴らしいものがあり、捕手としても2.00秒前後のスローイングがセカンドベース上にビシッと到達する。リードが大きい走者を刺す意識も見られる。