この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

中央学院大が誇る4年生巧打者ファイブが機能し、佛教大を圧倒し神宮大会初勝利



本塁打を放った嘉数尊(中央学院大)

 関東五連盟代表・中央学院大。好投手揃いの千葉県大学野球リーグを勝ち抜き、そして投手のレベルが高い横浜市長杯でも活発な打線で1位出場を見せた。その打力の高さを存分に発揮した。

 佛教大の好投手・木下 隆也を捉え、4番・嘉数 尊(4年・興南)の3ランで3点を先制。2回表にも集中打で4点を追加し、一気に7対1と点差を広げた。

 コールドか?と思わせるほどの強打を見せた中央学院大。1番・山田航大(4年・岩倉)、2番・武田 登生(4年・中央学院)、3番佐藤 晃一(4年・聖光学院)、4番・嘉数、5番・度会 基輝(4年・拓大紅陵)の4年生5人の対応力、長打力は素晴らしいものがあり、東京六大学、東都の各打者に負けていないレベルである。

 エース・古田島 成龍(4年・取手松陽)は、真っ向から振り下ろすフォームから繰り出す140キロ中盤の威力抜群の速球を両サイドへきっちりと投げ分けができており、打たせて取る投球で1失点に抑えた。

 敗れた佛教大は核弾頭・竹田 貴行(2年・初芝橋本)が初回に三塁打。驚異的な俊足を見せており、さらに秋のリーグ戦で首位打者を獲得しただけあって、バットコントロールも素晴らしい。いずれは大学代表を目指せるのでは?と思わせるほどの魅力が詰まったプレイヤーだった。

(取材=河嶋 宗一