杉山 優哉選手

杉山 優哉

球歴:

ポジション:外野手

身長:173.0 cm

体重:70.0 kg

ボールスピード:133 km/h

学年:卒業

寸評

 昨年の選抜で、MAX142キロのストレートを記録し注目を集めた投手です。その球速も、秋の神宮大会では148キロまで球速を伸ばし、一冬越えた成長に期待が高まっておりました。  (投球内容)  上背はないのですが、肩幅の広いガッチリした体格。この選抜でも、常時130キロ台後半~MAX145キロのストレートには、非常に球威があり馬力のある球を投げ込みます。変化球は、横滑りするスライダーとのコンビネーション。他にもチェンジアップやフォークなどの球種はあるはずですが、この日の登板ではスライダーとのコンビネーション中心で、基本はスライダー投手だと思います。  課題はアバウトな制球力と単調に陥りやすい投球術。ただこの日も両サイドに球を集めることはできておりましたが、ストレートが高めに抜けることが多かったです。また緩急・鋭い縦の変化にも欠け、単調な印象は否めませんでした。牽制・・フィーディング・クィックなどに課題があった選手ですが、昨秋あたりから、その辺の問題はだいぶ改善されてきているように思えます。 (投球フォーム)  引き上げた足をピンと空中で伸ばさないフォームなので、お尻の一塁側への落としは甘いです。そのため見分けの難しいカーブや縦に鋭く落ちる変化球の修得には苦労しそうですし、負担も少なくありません。ただ「着地」までの粘りは、以前よりも改善されており、かなり淡泊な印象は薄れました。  グラブも最後まで内に抱えられているので、両サイドへの制球は悪くありません。ただ足の甲の押しつけが甘く上体が少し高いので、ボールが上吊りやすい傾向にあります。振り下ろす腕の角度もありますが、それほど無理な引き上げではないので、身体への負担は問題ないかと思われます。  投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」の観点でも、「着地」「球持ち」「開き」に関しては、平均的なところまで来ております。あとは、もう少し前に体重が乗せられるようになると、手元まで生きた球が行くことになるのではないのでしょうか。技術的には、かなり試行錯誤されているみたいですが、方向性としては間違っていないと思いますし、かなり欠点は改善されつつあります。
更新日時:2011.04.06

将来の可能性

 下級生の頃から注目されてきた中で、いろいろ試行錯誤してきたあとが伺えます。そんな中、この選抜でも結果は残せませんでしたが、良い兆しが見えてきたかなと言う印象は受けました。これを、上手く夏につなげられると面白いと思います。  ただ上背に欠け、実戦力に欠けるところを見ると、高校からプロに行くと言うタイプではないのかなと思います。ただ身体に強さがありますし、140キロ台後半の球をすでに投げられると言うポテンシャルは、極めて価値のあるところ。この資質を活かしながら、上手く実戦的な術を身につけられれば、大学を卒業する頃には上位候補へと変貌している可能性は充分秘めております。そのことを期待しつつ、今後の成り行きを静かに見守りたいと思いました。
更新日時:2011.04.06

1 Comment

  1. 小島雄大

    2024-07-09 at 9:56 AM

    美味しいよね

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です