杉山 優哉選手

杉山 優哉

球歴:

ポジション:外野手

身長:173.0 cm

体重:70.0 kg

ボールスピード:133 km/h

学年:卒業

寸評

来年の奈良県を代表させるであろう本格派右腕。春から140キロ台の直球を投げ込む投手であったが、 打ち込まれ敗退した。奈良大会では2試合に登板し、7イニングを投げて5失点と成績は芳しくなかったが、履正社戦で146キロをマークした。骨格の太い体格を活かした速球はまさに来年のドラフト候補に相応しい。まだ本領発揮していないが、来年の近畿を代表する投手にならなければならない投手であることは確かだろう。履正社戦の投球から振り返っていきたい。 (投球スタイル) ストレート マックス146キロ 常時139キロ~145キロ スライダー 125キロ前後 チェンジアップ 125キロ前後 カーブ     95キロ前後 力強い腕の振りから投げ込むストレートは常時140キロ前後を計測。しっかり指がかかった時のストレートはミットへ一直線に伸びていく。だが、スピードを出そうとすると押し出す投げ方になってしまい制球を乱しやすい。順調に伸びており、来年には150キロ超えは期待できるだろう。変化球はスライダー、チェンジアップ、カーブ。まずまずの切れを誇るが、決め球と呼べる変化球はなく、決め球となる変化球をマスターすることがこれからの課題だ。速球を投げる能力は高い。制球面だけではなく、打たれ始めるとずるずると失点しまう脆さがあり、彼の登板数が限られてしまうのはそこに原因があるのかもしれない。しかし新チームでエースに任された以上、しっかりと仕事を成し遂げてもらわなければ困る。 投球以外の技術は選抜のメモから。クイックは1.25秒。フィールディングはやや動きの鈍さが気になったが、その辺の技術は解消しているかもチェックポイントになる。 (投球フォーム) 骨格が太く、そして下半身ががっしりしており、下半身の強さで下を支えて腕を強く振るフォーム。 ノーワインドアップから入る。左足を回し込むように上げていき、ショート方向に足を送り込んでいき、着地していく。左腕のグラブを斜めに伸ばして引き込んでいき、テークバックを取ってリリースに入っていく。右肘をうまく使い、ボールを打者寄りで離すことができており、球持ちは良いが、まだ指にかからないときがあり、変化球は抜けやすい。フィニッシュはしっかりと腕を振りきり、尚且つ左ひざはしっかりと受け止めており、投げ終わった後の形は良い。気になったのは左ひざと左肩の開きが早いので、出所が見やすい。また軸足のスパイクを見るとプレートの押さえ付けが甘く、高めに浮いてしまう傾向もあった。まだまだ課題に残る部分は多いものの、土台はしっかりしており、指導次第で一気に良くなるフォームだろう。
更新日時:2010.10.23

将来の可能性

2年生の段階でマックス146キロを投げ込むスピード能力は頭一つ抜けている。投球フォームも癖がないし、伸びしろはある投手。順調に素質を伸ばしていくことができれば、150キロ超えは期待できる投手だが、先発として活躍してほしいのは多くの人が願っていることだろう。まずはエースとして選抜出場を導いてほしい。
更新日時:2010.10.23

1 Comment

  1. 小島雄大

    2024-07-09 at 9:56 AM

    美味しいよね

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です