高校野球ドットコム

卒業生
村上 誠也

村上 誠也(近大高専)

都道府県:
高校:
学年:
2012 年卒
ポジション:
外野手
投打:
右/右
身長:
177 cm
体重:
77 kg
データ最終更新日:2011年6月2日

寸評

 2011年度の近大高専打線において、一番・中堅手を務めていた選手。思い切りの好いスイングで、チームの突破口となって活躍しました。

(守備・走塁面)

 中堅手としては、落下点までの判断がよく、常に余裕を持ってプレーができています。地肩も基準レベル以上はありそうで、守備に関しては上のレベルでもやって行けそうです。

 一塁までの塁間を4.55秒強ぐらいで到達し、これは左打者に換算すると4.25秒強ぐらいに相当。ただプロの基準が4.2秒であることを考えると、基準レベルより少し劣るタイム。実際にはもう少し速く走れるのかもしれませんが、足を売りにするほど絶対的なスピードはなさそうです。

(打撃内容)

<構え>

 スクエアスタンスで足を揃え、グリップの高さは平均的。バットを前に倒しながら構える独特のフォームですが、両目で前を見据える姿勢もよく、特に腰がしっかり据わった安定感のあるのが魅力。

<始動>

 始動のタイミングは遅く、ボールをじっくり見極めてから動き出します。このタイプは、天性の長距離打者か生粋のニ番打者。彼の場合は、恐らく後者だと考えられます。

<下半身>

 投手の重心が沈むのに合わせ、自分の重心も沈ませタイミングをあわせます。始動からボール到達までの時間がないので、小さくステップして踏み込んできます。そのため打てるポイントは限られており、狙い球をあらかじめ絞っておき、その球を逃さない「鋭さ」が求められます。ベース側に踏み込んだ足元は、インパクトの際にもブレません。そのため外の球にもついて行く、しぶとい打撃が期待できます。

<上半身>

 ただ残念なのは、打撃の準備である「トップ」を作るのが遅れてしまっています。これだと速いボールに立ち遅れて、充分に対応しきれません。更に「トップ」を作ったときに、グリップが体の奥にまで入り込んでいるので、バットがスムーズに出て来ません。バットの振り出す角度は悪く有りませんが、バットの先端が下がってボールを捉えており、ボールがフェアゾーンに落ちにくいスイングになっています。スイングに関しては、かなり改善の余地がありそうです。

<軸>

 ただ足の上げ下げは小さく、目線は安定しています。体の開きも我慢でき、軸足にも安定感を感じます。ただまだ、上のレベル通用するほどのスイングの鋭さ・力強さは物足りないので、その辺の改善も期待したいところ。

将来の可能性

 打撃に関しては、上半身の使い方に課題があり、それ以外の部分はしっかりできています。それだけに、改善を期待したくなります。守備も安定しているので、走力をもう少し足を全面に出した、プレーができると好いですね。打撃に磨きがかかれば、存在感が高まると思います。今後も、野球を続けて行って欲しい一人でした。

情報提供・文:2011.10.06  蔵建て男
  • 2011 年 10 月

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事