選手名鑑

松田 進 (國學院久我山)

応援メッセージを投稿する!
松田 進

松田 進

都道府県:
東京
高校:
國學院久我山
学年:
2013年卒
ポジション:
遊撃手
投打:
右/右
身長:
184cm
体重:
70kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 今年の西東京を代表するショートストップとして注目を浴びていた松田 進。昨年春季大会以来見ていなかった。その時の印象としては攻守ともにダイナミックな動きを見せていて、打撃は荒削りながらも、右中間方向へ鋭い打球を飛ばしていたのが印象的であった。迎えた最後の夏。昨年から走攻守で成長を見せているか、注目してみた。
(打撃)
 スタンスはスクエアスタンス。グリップの位置は肩の位置に置いて背筋を伸ばして構えている。背筋がピシッと伸びた構えで、構え方は良い。投手の足が着地したところから始動を仕掛けるスタイル。

 始動の仕掛けは遅く、ギリギリまで引き付けて叩いている。ただトップの準備が出来ておらず、形成が出来ていない為、振り遅れやすい。私が見た創価戦ではストレートに振り遅れているのは残念。ボールを引き付けて変化球を流していくタイプかといえばそうでもなく、前足の膝が開いてしまい、外角へ逃げるスライダーにはいわゆる腰が泳いだ状態で打つ為、ボールを引っかけ三ゴロ、遊ゴロがどうしても多くなる。

 そのため打つポイントは高めのストレートを巻き込んで打ち返すしかない。難しいボールの対処は昨年から変わった姿は見られなかった。もう少し粘っこい打撃ができているともっと印象が違ったかもしれない。創価戦の内容では木製に置き換えてからは時間がかかる印象を受けた。

(守備・走塁)
 
 ショートゴロはイージーなゴロしかなく、三遊間の深いゴロに対する対応力は良く分からず。ただ下級生時代から長い手足を使って堅実に守っていて、守備力は高校生としては高い。

 塁間タイムは4.10秒~4.20秒前後を計測しており、左打者ならば3.90秒前後で駆け抜ける俊足であり、脚力はかなりのプレーヤーだ。
将来の可能性
 手足の長い長身ショートで、脚力も高く、身体能力の高さは西東京随一だが、打撃面で強引に打ちに行く癖がある。外角を打つことを重視するならば、確実に打球を捌ける打撃の形を作ってほしい。自分のツボに嵌った時の打撃は圧巻だが、それ以外のコースへ来てしまうと対処できない。そういう傾向はあまり変わっていない印象を受けた。それを考えるとまだ時間がかかる素材だ。

 木製バットに置き換えてからも、外角の直球、変化球を右、左に打ち分ける自在さがあれば、脚力、身のこなしは柔らかく、大型ショート候補だけに、高い評価を受けていくのは間違いないだろう。
情報提供・文:2012.09.06 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
創価vs國学院久我山【東京都 2012年夏の大会 第94回選手権西東京大会】
國学院久我山vs昭和一学園【東京都 2012年夏の大会 第94回選手権西東京大会】
國学院久我山vs昭和一学園【東京都 2012年夏の大会 第94回選手権西東京大会】
國学院久我山vs堀越【東京都 2012年夏の大会 第94回選手権西東京大会】
都立府中東vs国学院久我山【東京都 2011年秋の大会 秋季東京都高等学校野球大会本大会】
都立府中東vs国学院久我山【東京都 2011年秋の大会 秋季東京都高等学校野球大会本大会】
早稲田実vs国学院久我山【東京都 2011年夏の大会 第93回東西東京大会】
国学院久我山vs都立東大和南【東京都 2011年夏の大会 第93回東西東京大会】
佼成学園vs国学院久我山【東京都 2011年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
国学院久我山vs東亜学園【東京都 2011年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板