選手名鑑

松下 且興 (九州学院)

応援メッセージを投稿する!
松下 且興

松下 且興

都道府県:
熊本
高校:
九州学院
学年:
2017年卒
ポジション:
右翼手
投打:
右/右
身長:
176cm
体重:
68kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 打っては4番、守ってはショートという、チームの要。強肩・強打の持ち主で、選抜に出場すれば注目される一人だろう。

(第一印象)

 思いっきりの良いスイングが魅力である一方で、スイングが波打つなど荒っぽさも同居している。
 
(守備・走塁面)
 
 打撃よりも私の目を惹いたのは、キビキビした動きを魅せる遊撃守備。またスローイングの球筋も安定しており、ディフェンス面に関しては基準以上のレベルにあります。

 一塁までの塁間は、右打席から4.7秒前後ぐらいと遅め。これを左打者に換算しても、4.4.5秒ぐらいですから、これはかなり遅いことになります。特にしっかり振り切ってから走り出すので、その走力以上に時間がかかるのかもしれませんが。

(打撃内容)

<構え> ☆☆☆

 ほぼ両足を揃えたスクエアスタンスで、グリップの高さは高めの強打者スタイル。腰の据わり・全体のバランスは悪くないが、両目で前を見据える姿勢が良くない。これだと球筋が的確に追うことができず、打ち損じの可能性が増す。身体が硬いのかもしれないが、前の足を軽く引いた、オープンスタンス気味に構えた方が良いのではないのだろうか。

<始動> 遅め

 投手の重心が沈みきって、前に移動する段階で動き出す遅めのタイミング。これは、ボールをできるだけ引きつけてから叩くスタイルで、長距離打者か生粋の二番打者に多く観られる。彼の場合、前者のスラッガータイプだと考えたい。

<下半身> ☆☆☆

 始動~着地までの「間」には余裕がなく、あらかじめ狙い球を絞り、その球を逃さない「鋭さ」が求められます。始動が遅い割に足を回しこむので、速い球に立ち遅れるかもしれません。ほぼ真っ直ぐ踏み出しているので、内角でも外角でも捌きたいタイプか。踏み込んだ足元が、インパクトの際にブレてしまうのが気になります。こうなるとエネルギーがロスしたり、体の開きが早くなって打ち損じる可能性が高まります。

<上半身> ☆☆☆

 打撃の準備である「トップ」の形は早く作れており、始動の遅さを補おうとしています。バットの振り出しは、上からミートポイントまでロスなく降り下ろされています。しかしバットの先端であるヘッドが下がってしまい、ボールを捉える面積が減ってフェアゾーンにボールが落ちる確率が下がります。それでも大きな弧を描き、フォロースルーまで使って打球を運ぶようなスイングが出来ています。

<軸> ☆☆☆

 足の上げ下げは静かなので、目線はそれほど動きません。しかし体の開きが我慢できておらず、軸足はそれなり。 
将来の可能性
 ボールを引きつけて叩き、スイングの弧が大きく、フォロースルーを使えるところを見ると、体はそれほど大きくなくてもスラッガーとしての可能性を感じます。その一方で、バットの先端であるヘッドが下がってしまいスイングが波打ったり、踏み込んだ足元がブレて開きが我慢できないなどの課題も抱えます。ディフェンス力は想像以上ものがあるので、これに対応力も伴って来ると選抜ではドラフト候補に浮上するかもしれません。今後の成長が楽しみな、スター候補ではあるのですが。
情報提供:2015.01.04
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
早稲田実業vs九州学院vs桐光学園【2016年 練習試合(交流試合)・春】
佐賀商vs九州学院【2016年春の大会 第138回九州地区高等学校野球大会】
九産大九産vs九州学院【2015年秋の大会 第137回(平成27年度秋季)九州地区高等学校野球大会】
遊学館vs九州学院【第97回全国高等学校野球選手権大会】
糸満vs九州学院【2015年 練習試合(交流試合)・春】
興南vs九州学院【2015年 練習試合(交流試合)・春】
八戸学院光星vs九州学院【第87回選抜高等学校野球大会】
仙台育英vs九州学院【2014年 第45回明治神宮野球大会】
九州学院vs敦賀気比【2014年 第45回明治神宮野球大会】
九州学院vs糸満【2014年秋の大会 第135回(平成26年度秋季)九州地区高等学校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板