高校野球ドットコム

卒業生
小澤 怜史

小澤 怜史(日大三島)

都道府県:
高校:
学年:
2016 年卒
ポジション:
投手
投打:
右/左
身長:
180 cm
体重:
74 kg
データ最終更新日:2015年10月1日

寸評

 今年は東海地区の右腕として高橋 純平に次ぐ注目度がある投手が、小澤 怜史だ。2年夏ではリリーフで、148キロを計測。180センチから、常時140キロ中盤を投げるということならば、ドラフト候補に挙がるだろう。またこの秋は秋季県大会の3位決定戦で、1安打完封を達成するなど、着実にステップアップしている。
(投球内容)
 右オーバーから投げ込むストレートは常時140キロ前半は計測していそうで、最速148キロを計測。指にかかった時の直球は見応えがあるが、まだ抜けたストレートもあり、終始、力のあるストレートを投げるわけではないようだ。ある程度、両サイドに投げ分けは出来ているが、もう少し意図的に投げたいところ。
 変化球は、120キロ前後のスライダーが中心。現在はカット、フォークなどの変化球の習得中のようだ。
 現在は横の変化が中心で、スライダーは彼にとっても決め球になっており、コーナーに決めて見逃し三振を奪う配球パターンも見られる。だがこのパターンだと、もう少し縦の変化を使えるようになると、引き出しが増えて、静岡打線も抑えることができるようになるだろう。
(投球フォーム)
 個人的には2年夏の方がフォーム全体に躍動感があり、良かった。だが2年秋はやや体が突っ込みがちで、夏に出来ていたことが出来ていない動作があった。その動作を使えるようになれば、身体が大きくなった分、ボールももっと生きるのではないだろうか。

ワインドアップから始動し、左足を高く上げていきながら、右足の膝を適度に曲げてバランス良く足を上げている。
 左足は二塁方向へ送り込んでいきながら、重心を下げていき、お尻から先行するヒップファーストを取りながら、前足の膝を曲げて真っ直ぐ着地することが出来ている。
 左腕のグラブを斜めに伸ばしていきながら、開きを抑え、軸足はマウンドに押さえ付け、強く蹴り上げるようにする。蹴り上げの力をうまく利用をして、140キロ台の速球を投げ込むことができるのだろう。だがこれは夏までにできていた動作で、秋になると、この動作があまり使えていなかった。軸足の蹴り上げがしっかりとできるようになるといいだろう。
 テイクバックは内回りの旋回をしていきながら、肩甲骨を使って、しっかりと肘を上げることができている。打者寄りで離すことができており、球持ち自体は良い。最後のフィニッシュでも、前足にしっかりと体重が乗っており、しっかりと腕が振りきることが出来ている。
 独学で作り上げたという投球フォーム。リリースまでゆったりとした動作で、リリース時にしっかりと指先に力を伝えることができており、また下半身の使い方を見ると、キックの力を使って、ボールに勢いを与えることができていたのでその動作が出来て、さらに腕の振りが速くなれば、常時145キロ~150キロも夢ではないだろう。

将来の可能性

 彼の身体能力、スピード能力の高さを考えれば、十分にドラフト候補に挙がる存在で、春季大会から注目されるのは間違いない。
 春までの課題として、秋でフォームが若干崩れていたので、上半身の開きを抑え、軸足を強く蹴り上げが出来るようにしたい。そして投球内容も、縦の変化を使えるようにして、より引き出しを増やすようにしたいところだ。
 彼が高卒プロへ行くためには、春季大会でどれだけ投手として成長した姿を見せることが出来るか。ぜひドラフト上位候補に名乗り挙がることを期待したい。

情報提供・文:2015.01.02  河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事