選手名鑑

中村 光希 (関根学園)

応援メッセージを投稿する!
中村 光希

中村 光希

都道府県:
新潟
高校:
関根学園
学年:
2016年卒
ポジション:
投手
投打:
右/-
身長:
 
体重:
 
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
観戦レポートより抜粋(2014年9月20日
 2年生からエースとして活躍し、この新チームの代では共にクリーンアップを打ち、名実ともにチームの、いや新潟県高校野球界の有力選手として注目を集めている2人。

 共に右の上手だが、松坂大輔(現メッツ)のように重いストレートとスライダーの出し入れで勝負する諸橋 慶多新潟)に対し、中村 光希関根学園)は岩隈(現マリナーズ)、上原(現レッドソックス)のようにキレのあるストレートを低めのコーナーに決めるというように、ピッチングスタイルは異なる。

 この試合、両投手とも序盤からピンチを迎える。堪えきれず失点した諸橋に対し、なんとか踏ん張る中村。五回を終えて、諸橋は81球、被安打8、3失点。対する中村は86球を、被安打5、1失点。

 だが六回以降、この構図は逆転する。ランナーを出しながらもリズム良く投げる諸橋に対し、中村は同点に追いつかれ、リズムに乗れず、球数を多く放ってしまう。八回を終えて諸橋121球、中村143球。低めを丁寧につき、コーナーにキレのあるボールを投げる中村の持ち味は、スタミナの消耗とともに鳴りを潜め、勝敗に直結した。

 共に夏のチームでは、関根学園・樋口(3年)、新潟・番場(3年)という頼りになる先輩投手が、ブルペンを支えてくれた。だが新チームでは、共にエースにかかる負荷が大きくなる。2番手以降の投手の育成、そして両エースのさらなる成長がチーム躍進に欠かせなくなる。

 夏の甲子園ベスト4の日本文理打線を五回0封した中村が、この敗戦を機にどのような成長を遂げるのか。そして勝ち上がった諸橋が、このあとどこまで勝ち進み、その力量を伸ばすのか。共に伸びしろ充分の両エースが、さらに大きくなって躍動する来年春、夏の大会が早くも楽しみになる、そんな1戦だった。
情報提供:2014.09.20
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
新潟vs関根学園【新潟県 2015年夏の大会 第97回選手権新潟大会】
長岡大手vs関根学園【新潟県 2015年春の大会 第132回春季新潟県大会】
新潟vs関根学園【新潟県 2014年秋の大会 新潟県大会】
日本文理vs関根学園【新潟県 2014年夏の大会 第96回選手権新潟大会】
関根学園vs新潟明訓【新潟県 2014年夏の大会 第96回選手権新潟大会】
関根学園vs帝京長岡【新潟県 2014年夏の大会 第96回選手権新潟大会】
関根学園vs加茂【新潟県 2014年夏の大会 第96回選手権新潟大会】
日本文理vs関根学園【新潟県 2013年秋の大会 第129回秋季新潟県大会】
関根学園vs長岡【新潟県 2013年秋の大会 第129回新潟県大会 支部予選】
関根学園vs長岡【新潟県 2013年春の大会 第128回春季新潟県大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板