選手名鑑

冨田 勇輝 (東海大四)

応援メッセージを投稿する!
冨田 勇輝

冨田 勇輝

都道府県:
北海道
高校:
東海大四
学年:
2016年卒
ポジション:
遊撃手
投打:
右/左
身長:
173cm
体重:
68kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 秋季北海道大会決勝戦北海高校戦では、1番・遊撃手としてツーベースを含む三安打の活躍を魅せた核弾頭。
  
(第一印象)

 どの方向にも打球を飛ばせる幅の広い打撃が持ち味で、打撃ではこのチームでも一番気になる存在。
  
(守備・走塁面)
  
 一塁までの塁間は、左打席から4.3秒前後と、際立つタイムではありません。実際走る姿を見ていると、足を売りにするタイプではないのかなと。

 遊撃手としても、まだまだバウンドへの合わせ方・キャッチング・グラブ捌きなど含めて課題が多い気がします。肩も平均的で、守備・走塁で目を惹くものはまだありません。
  
(打撃内容)
  
<構え> ☆☆☆
  
 前足を軽く引いて、グリップは高めに添えます。腰の据わり・全体のバランスとしては並ですが、両目で前を見据える姿勢は悪くありません。両目でしっかり前を見据えるということは、錯覚することなく的確にボールを捉えることができます。
 
<始動> 早すぎ
  
 投手の重心が下がりはじめる前から動き出すので、投手が投球フォームの間を変えて投げることが可能です。そのためそれによって、フォームが崩される危険性があります。

<下半身> ☆☆☆☆
  
 始動が早過ぎるのは気になりますが、「着地」までの「間」は充分取れていて、速球でも変化球でも合わせやすい打ち方。真っ直ぐ踏み出すように、内角でも外角でも幅広く対応したいという意志が感じられます。踏み込んだ足元は早く地面を離れがちですが、インパクトの際にブレるというほどではなく悲観することはないのでは。
  
<上半身> ☆☆☆ 

 打撃の準備である「トップ」の形を作るのが少し遅れ気味ですが、幾分早めに作る程度で良いのでは。バットの振り出しもミートポイントまでロスなく振り抜けていますが、バットの先端であるヘッドが下がっているので、ボールを捉えてから綺麗にヘッドが抜けないのが残念。
  
<軸> ☆☆☆
  
 足の上げ下げはありますが、目線の上下のブレは並ぐらい。体の開きを充分我慢出来ているとか、軸足がしっかり安定しているというほどでもなく並ぐらいでしょうか。
将来の可能性
 まだまだ守備・走力に課題を残しますし、売りの打撃でも甘さを残します。神宮大会で全国のレベルを肌で感じ、そこから選抜への課題を見出して行って欲しいものです。まずは神宮で、どんな活躍を魅せてくれるのか楽しみにしております。
情報提供:2014.11.10
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
敦賀気比vs東海大四【第87回選抜高等学校野球大会】
東海大四vs浦和学院【第87回選抜高等学校野球大会】
東海大四vs健大高崎【第87回選抜高等学校野球大会】
東海大四vs松山東【第87回選抜高等学校野球大会】
東海大四vs豊橋工【第87回選抜高等学校野球大会】
浦和学院vs東海大四【2014年 第45回明治神宮野球大会】
東海大四vs宇部鴻城【2014年 第45回明治神宮野球大会】
健大高崎vs東海大四【2014年 第69回国民体育大会 長崎がんばらんば国体2014】
東海大四vs北海【北海道 2014年秋の大会 第67回秋季北海道高校野球大会】
東海大四vs駒大苫小牧【北海道 2014年秋の大会 第67回秋季北海道高校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板