高校野球ドットコム

卒業生
元山 飛優

元山 飛優(佐久長聖)

都道府県:
高校:
学年:
2017 年卒
ポジション:
遊撃手
投打:
右/左
身長:
180 cm
体重:
73 kg
データ最終更新日:2016年8月6日

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評

 左右に打ち分けるシュアな打撃と、華やかな遊撃手が魅力の好選手。夏の甲子園では緒戦で敗れてしまったのでよくわからなかった部分を、長野大会の映像を見直し詳細を確認してみました。

(ここに注目!)

 打球への一歩目が鋭い遊撃守備には、ぜひ注目して頂きたい。上のレベルでも、守備でアピールできる存在だろう。

(守備・走塁面)

 一塁への到達タイムは、左打席から4.15秒前後と平均的。長野予選での6試合でも盗塁は1個と、足でガンガンアピールするタイプではないのかもしれません。

 守備に関しては、打球の正面に入らずグラブだけで捕りにゆくところが少し気になります。それでも打球への反応鋭く、プレーにスピード感があります。フットワーク~捕球~スローイングまでの流れは実にスムーズ。深いところからでも、送球が乱れないところも好いところ。上のレベルでも、ニ遊間で勝負して行ける選手だと考えられます。

(打撃内容)

 夏の鳴門戦では、2本とも引っ張った打球でした。引っ張る打球は確かに多いのですが、レフト方向へ流す打撃も観られます。強打者というよりは、上手く合わせて来る好打者タイプかと。

<構え> ☆☆☆

 前の足を引いて、グリップを高めに添えます。腰の据わり具合、両目で前を見据える姿勢、全体のバランスと並ぐらいでしょうか。

<始動> 早すぎ

 投手の重心が下がり始める前から動いてしまうので、投手に投げるタイミングをズラされる危険性があります。早めに動き出す、アベレージヒッターの始動だと言えるでしょう。
<下半身> ☆☆☆☆

 早めに足を引き上げ回し込み、ベース側に踏み込んできます。始動~着地までの時間は充分あるので、速球でも変化球でもスピードの変化には対応しやすいはず。ベース側にインステップして踏み込んで来るように、外角の球を意識した打ち方になっています。

 それでも甲子園では、内角の厳しい球を苦に無くライト前にはじき返したりと問題はなさそう。踏み込んだ足のつま先も閉じられ、インパクトの際にもブレません。そのため外角の厳しい球や、低めの球にも食らいつくことができます。

<上半身> ☆☆☆☆

 打撃の準備であるトップの形は早めに作れており、速い球に立ち遅れる心配はありません。バットの振り出しもけしてインサイド・アウトではなく、外角の球をキッチリ叩く形ができています。ボールを捉える際にも、バット先端であるヘッドが下がらず広い面で捉えており、打ち損じの少ないタイプかと。それでいて内角に対しても、全く身体を開かずに捌くことができます。

<軸> ☆☆☆☆

 足の上げ下げはありますが、目線の上下動はそれほどでも。身体の開きも我慢でき、軸足にも粘りが感じられます。

将来に向けて

 まだスイングに「強さ」や「鋭さ」というものが物足りず、木製バットを使っての上のレベルの投手には苦労することが予想されます。それでも技術はしっかりしているので、筋力がつきスピードが伴えば時間が解決してくれるはず。

 守備に関しては、どのレベルに混ざっても恥ずかしくないだけのものがあります。この手の好打者タイプにしては少々走力が平凡なのが残念なところ。

 高校からプロというと微妙なレベルだと思いますが、育成枠でもプロ入りしたいという明確なものがあれば、指名があっても不思議ではありません。いずれにしても、今後も追いかけてゆきたい一人でした。

情報提供:2016.08.09

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事