選手名鑑

佐藤 僚亮 (山形中央)

応援メッセージを投稿する!
佐藤 僚亮

写真のご提供をお願いしております。こちらまで
※他メディアからの写真は掲載できません
※受付確認メールが届かない方は、ドメイン指定受信で info@hb-nippon.com のご指定をお願いします。

佐藤 僚亮pro2015

都道府県:
山形
高校:
山形中央
学年:
2016年卒
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
170cm
体重:
70kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 昨夏甲子園でも3試合に登板し、140キロ台のストレートを投げ込む実戦派左腕として、全国にその存在感を示しました。最終学年になり、東北地区を代表するサウスポーとして注目を集めている一人。

(第一印象)

 夏の鶴岡東戦では、序盤から変化球が高めに抜けて、コントロールに苦しむ場面が目立ちました。

(投球内容)

 軸足に体重が乗り切る前に膝を折ってしまうフォームながら、コンスタントに135キロ前後のぐらいの威力のあるボール投げ込み、カーブ・スライダーなどを織り交ぜてきます。しかしコントロールに不安があり、内容としては昨夏の方が良かった気がします。ゴロの処理などフィールディングはまずまずですが、クィックは1.2秒台を越えるなどそれほど素早くはありません。コントロールは不安定なものの、マウンド捌きの良さと勢いで乗り切るタイプかと。

<長所>
 腕が強く振れるのが魅力で、投球に勢いを感じます。グラブも最後まで体の近くにはあり、両サイドの投げ分けはそれなり。

「着地」までの粘りは平均的ですが、体の「開き」は抑えられており、甘いところに入らなければ痛打を喰らい難いと考えられます。

<課題>

 足の甲で地面を抑えられず、浮き上がろうとする力を抑え込めません。こうなると下半身のエネルギー伝達ができないだけでなく、ボールがどうしても上吊ってしまいます。 

 軸足にしっかり体重を乗せてから重心を下げたいのと、ボールにしっかり体重を乗せてからリリースをできるようになりたいところ。そうすればボールにもグッと体重が乗って来るでしょうし、低めに集めることが期待できます。
情報提供:2015.08.01
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
山形中央vs山形城北【山形県 2015年夏の大会 第97回選手権山形大会】
山形中央vs新庄北【山形県 2014年秋の大会 山形県大会】
健大高崎vs山形中央【第96回全国高校野球選手権大会】
山形中央vs東海大四【第96回全国高校野球選手権大会】
山形中央vs小松【第96回全国高校野球選手権大会】
山形中央vs羽黒【山形県 2014年夏の大会 第96回選手権山形大会】
山形中央vs山形南【山形県 2014年夏の大会 第96回選手権山形大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板