選手名鑑

海野 隆司 (関西)

応援メッセージを投稿する!
海野 隆司

海野 隆司

都道府県:
岡山
高校:
関西
学年:
2016年卒
ポジション:
捕手
投打:
右/右
身長:
174cm
体重:
74kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
観戦レポートより抜粋(2014年5月31日
 「肩の強さには誰にも負けたくないという思いがあります」
と言い切った関西の正捕手・海野 隆司(2年)。関西には2013年選抜で、正捕手として出場した海野 裕介(3年)がいる。昨秋まで海野裕が正捕手。だが昨冬、正捕手を奪うつもりで、自慢の肩を磨いてきた。自信にするスローイングは1.8秒~1.9秒台を計測。肩の強さはもちろんだが、捕球してからのステップ、テイクバックは無駄がない。実戦的なスローイングが出来る捕手で、大学・社会人の捕手と比較しても、強肩と分類される選手だろう。また彼は後ろへ逸らさないキャッチングも良い。江浦監督はスローイングと後ろへ逸らさないキャッチングを評価して、海野隆を起用することを決めた。

 実戦的なスローイングはイニング間の送球練習を鍛え上げてきた。
「二塁送球を鍛えられる時間はあまりないです。だから練習試合の時からイニング間は真剣勝負のつもりで、送球練習を繰り返してきました。仲間にも図ってもらって、1.8秒~1.9秒台を計測するようになりました」
1試合ならば最大9回。10試合やれば、90回もスローイングを鍛えられる機会がある。小さな積み重ねによって実戦的なスローイングを築き上げた。

 9回裏も守り抜き、関西が準決勝進出を果たした。海野隆は「リード全体ではまだまだですが、今日は久々の登板となった細川さん(細川 幹)の好投を引き出すことが出来て良かったです」とコメントした。

 課題は打撃。今日は3打数1安打2三振だった。
「今の打撃では、チームに貢献できないですし、もっと打てるようになって周りから信頼される選手になりたい」
江浦監督は打撃だけではなく、リード面ももっと磨いてほしいと要求する。
「リードはまだ経験不足なところがあります。修羅場というものをまだ経験していないので、それを潜り抜けて、良くなってくれればと思います」と期待している。
情報提供・文:2014.05.31 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
富山商vs関西【第96回全国高校野球選手権大会】
関西vs市立呉【2014年春の大会 第122回(平成26年度春季)中国地区高校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板