高校野球ドットコム

卒業生
小山 尚哉

小山 尚哉(山形中央)

都道府県:
高校:
学年:
2012 年卒
ポジション:
外野手
投打:
右/右
身長:
178 cm
体重:
74 kg
データ最終更新日:2011年2月8日

寸評

 旧チームから中軸を任されていた選手ですが、最終学年では4番を務めました。初球から振って来る積極性と、腕っ節の強さを生かしたパワフルな打撃は健在でした。

(守備・走塁面)

 この選手の最大の魅力は、塁間を4.2秒台で走り抜けられる俊足にあります。それほど足を売りにするプレースタイルではないのですが、左打者に換算すると3.9秒台に相当するような非常に走力があるのが特徴です。上のレベルでは、ぜひこの走力を生かしたプレーを期待したいところ。

 昨夏は右翼手でしたが、最終学年では三塁手でした。三塁手としての打球の反応やフットワークはスピード感があって好いですし、難しくない打球は余裕を持って落ち着いて処理できています。ただ地肩はそれほど強くなく、三塁手としては少しモノ足りません。動きは好いので、地肩を生かさない別のポジションでのプレーが期待されます。

(打撃内容)

 パワフルな打撃が目を引く選手で、打球は昨年と同様に、外角の球でもセンターからレフト方向への引っ張りが目立ちます。球種も、変化球中心に打ちに来る選手で、ストレートへの対応が課題としてあげられます。

<構え>

 スクエアスタンスで足を揃え、グリップは高めに添える強打者スタイル。腰の据わり具合・両目で前を見据える姿勢などはよく、全体にバランスの取れた構えだと評価できます。

<始動>

 一度爪先立ちしてから、本格的動き出すのは、投手がリリースを迎えてからと極めて遅い傾向にあります。これだと一定レベルの球速・キレのある球に対し、対応するのが難しいです。そのため将来的には、もう少し早めに動き出し、動作に余裕を持つことが求められます。

<下半身>

 足を上げてから降ろすまでの「間」がないので、どうしても打てる球は限られます。彼の場合、遅いボールに狙いを絞っているのかもしれません。ベース側にしっかり踏み込んで来るので、外の球でも捌けるのでしょう。踏み込んだ足元はインパクトの際にブレないので、開きが我慢でき打ち損じの少ないスイングです。ただ右方向への打撃も期待できるスイングだけに、その意識次第では打撃の幅を広げて行けそうです。

<上半身>

 打撃の準備である「トップ」は、早く作れています。ただ振り出すときに、少しバットが体から離れているので、ボールを捉えるまでにロスを感じます。それでも強打者らしく、大きな弧を描きながら、最後まで振り切ることができています。それほどスイングに鋭さは感じませんが、力強さは感じさせる打撃です。

<軸>

 頭の動きは平均的ですが、体の開きも我慢でき、軸足の形も安定しています。打撃の波は少なく、好不調の少ないタイプではないかと想像致します。少なくても夏の大会では、調子は悪くなかったと考えられます。

将来の可能性

 昨夏と比べると、それほど技術的には大きな変化は感じられませんでした。普段からガッツのある選手だけに、もう少し変わっているのかなと期待したのですが。やはり欠点克服のためには、始動のタイミングを早めて、動作に余裕を持たせるべきですね。そこから、いろいろなものが見えてくるのではないのでしょうか。今のままだと、スピードについて行けないと思います。

 走力に関しては素晴らしいものがあるので、ぜひ上のレベルでは走塁を磨いて欲しいところ。守備の動きはいいのですが、地肩がないのがポジションを限定させてしまいますね。走攻守すべてについて可能性を持っていますが、まだまだ未完成といった選手です。気持ちの強い選手だけに、これからもドンドンと自らの限界を超えて、レベルアップに励んで欲しいと思います。また何処かで、成長した姿に出会えるのを楽しみにしております。

情報提供・文:2011.09.30  蔵建て男

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事