高校野球ドットコム

卒業生
茂木 栄五郎

茂木 栄五郎(桐蔭学園)

都道府県:
高校:
学年:
2012 年卒
ポジション:
三塁手
投打:
右/左
身長:
171 cm
体重:
71 kg
データ最終更新日:2011年6月10日

寸評

神奈川屈指のショート・茂木栄五郎。下級生からサードのレギュラーを獲ってから中心的な選手として活躍をみせてきた。打撃・守備・走塁ともに高水準の選手。高卒プロとなるとスケール不足なところはあるが、大学で即戦力として活躍できる実力を持っている。
(打撃)
右、センター、左方向へ自在に打ち分けるバットコントロールの良さは非凡なものがある。芯で捉えるとスタンドインさせるパンチ力もあり、神奈川のショートでこれほど安定した打撃ができる選手は数少ないだろう。
スタンスはスクエアスタンス。グリップは肩の位置に置いて膝を曲げて構えている。力むことなく構えることができているし、鋭さが光る良い構えだ。投手の足が着地したところから始動を仕掛けていき、足を小さく上げてインステップしていく。膝が開かないし、ヘッドも内側から出ているので、インパクトまでロスなく振ることが出来ている。スイングもそれなりに鋭いし、スイングの軌道が綺麗で、芯に入っていけば鋭い打球を飛ばすことができる選手だ。しっかり捉えている時は軸足も踏ん張る事ができており、目線もぶれずに、スイングができているが、ミスショットするときは軸足が踏ん張れずに的確にボールを捉えることができていない。この選手を見るポイントは軸足。軸足をしっかり踏ん張ることができていれば、軸がぶれないで打つことが出来ているので、安定して打てる選手ではないだろうか。
(守備・走塁)
秋季大会を終わってサードからショートへコンバート。内野手の華であるショートに転向だから、格上げである。ショートの動きを見ていくと動き自体は悪くないし、守備範囲も広さを感じさせてくれるものがあるが、シートノックの動きをみると結構ボールの扱いが雑なところがあり、次の動作にスムーズに入れないこともあった。試合中では安定した動きと柔らかいグラブ捌きを見せていたが、その動作が若干気になる部分はあった。地肩の強さはショートとしては基準に達している。元々サードとして力強い送球は見せていたので、大学レベルでもサード・ショートをこなせる守備力を持っている。まだ雑なところは見受けられるので、さらに動きを素早くしつつ、確実性を高めていってほしい。

塁間タイムは3.90秒~4.00秒前後と非常に速いタイムを計測することができており、かなりの俊足。なんといってもすべての打席で緩めずに走りぬける姿が実に良い。三塁打のタイムでは11.12秒という驚異的なタイムを計測し、走塁レベルの高さを示してくれた。

将来の可能性

走攻守すべてにおいて高い水準を誇り、尚且つ意識の高さも感じられる選手で、実に良い内野手に成長した。安定した結果を残すことができている精神的な強さもあり、大学レベルでも即戦力で活躍できる筋の良さを感じた。高卒プロタイプというより大学4年間で着実に成長を見せて、他の内野手にはない凄みを見せ付けることができればプロの道も切り開かれる可能性は十二分にあるのではないだろうか。

情報提供・文:2011.04.30  河嶋 宗一

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事