選手名鑑

佐野 皓大 (大分)

応援メッセージを投稿する!
佐野 皓大

佐野 皓大pro2014

都道府県:
大分
高校:
大分
学年:
2015年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
182cm
体重:
71kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
観戦レポートより抜粋(2014年8月12日
 大分の剛腕・佐野 皓大(3年)対日本文理の強打者・飯塚 悟史(3年)の対決に注目が集まった。

 佐野は春の九州大会でストレートが最速150キロを計測し、その後の練習試合では152キロまでスピードアップしている。その半面、この夏の大分大会では140キロのストレートさえ数えるほどで、130キロ台のストレートにスライダーを交えた緩急(省エネ)で乗り切ったとも言われる。

 どちらの佐野が本物なのか。

 試合が始まって、夏の大分大会の佐野が顔を覗かせたと思った。
私はノートにストレートの球速を書き残すとき、最速のものをそのつど書き継いでいく。この日の佐野なら「138、139、140、142、144、145」という具合だ。
138キロからスタートしていることが、現在の佐野のピッチングスタイルを物語っている。

 徐々にスピードを上げていき、勝負どころで150キロ近い快速球で打者を圧倒するというプランだが、疲れがない序盤に思い切って腕を振って140キロ台後半のストレートを投げ、打者に「速い」と思わせたほうがその後の緩急の攻めは生きたと思う。

 試合前、スカウトに「佐野ってどんな投手なんですか」と聞くと、「(フォームが)好きな人と嫌いな人に分かれると思いますよ」と言われた。実際に見てその意味がわかった。そして私は(佐野のフォームが)嫌いなほうに入ると思った。

この前の試合で完投した星稜岩下 大輝にも通じるが、佐野の投球フォームは最初から最後までだらだら流れていく。軸足に体重が乗ったときの一瞬の間(ま)、あるいは静止がなく、同じリズムで最後まで流れていくのだ。

 そういう悪癖がありながらストレートの球速がこの日は145キロを計測し、2回などは3人の右打者からボールゾーンに逃げていくスライダーで三振を奪っている。これが佐野の素質である。
情報提供・文:2014.08.12 小関 順二
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
日本文理vs大分【第96回全国高校野球選手権大会】
東福岡vs大分【2014年春の大会 第134回(平成26年度春季)九州地区高校野球大会】
大分vs神村学園【2014年春の大会 第134回(平成26年度春季)九州地区高校野球大会】

コメントを投稿する

石川県地域応援スポンサー

石川県の地域スポンサー様を募集しております。

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板