高校野球ドットコム

卒業生
上川畑 大悟

上川畑 大悟(倉敷商)

都道府県:
高校:
学年:
2015 年卒
ポジション:
遊撃手
投打:
右/左
身長:
167 cm
体重:
62 kg
データ最終更新日:2014年1月7日

寸評

 秋季中国大会では、3番・遊撃手として攻守の中心として活躍。動きの好い守備に、好打でその存在感を示した。 
 
(第一印象)
 
 身体は大きくないのですが、攻守にセンスを感じさせる好選手。大学など、上のレベルでも野球を続けて行ける選手ではないのでしょうか。
 
(守備・走塁面)
 
 残念ながら、一塁までの到達タイムを計測する機会はありませんでした。プレースタイルやその動きを見ていても、どの程度の走力があるかはよくわからず。ただフットワーク等見ていると、運動神経に優れた選手との印象は受けます。
 
 フットワークの動きもよく、捕ってから投げるまでの動作も素早く、捕球~スローイングまでの一連の流れの良さが目立ちます。スローイングも安定していてく、地肩も基準以上のものがありそう。上のレベルでも、ニ遊間で勝負して行ける選手だと思います。
 
(打撃内容)
 
 ボールに上手く合わせる、膝の柔らかさがある選手です。長打連発というよりは、野手の間をゴロで抜けてゆくタイプの好打者ではないのでしょうか。
 
<構え> ☆☆☆☆
 
 スクエアスタンスで、グリップの高さは平均的。腰の据わり具合・両目で前を見据える姿勢・全体のバランスと取れており、集中力を感じさせる緊張感がある構え。
 
<始動> 遅すぎる
 
 投手の重心が下る時に、足をベース側に持って行ってつま先立ちします。本格的に動き出すのは、投手がリリースを迎える直前ぐらいであり、これは遅すぎるぐらいのタイミング。
 
<下半身> ☆☆☆
 
 始動~着地までの「間」がないので、狙い球をあらかじめ絞って、その球を逃さない打撃が求められます。特に彼の場合、それが低めのゾーンの球なのではないのでしょうか。ベース側にインステップして踏み込むように、外角を強く意識。踏み込んだ足元はブレないので、外角でも低めの球でも喰らいつくことができます。
 
<上半身> ☆☆☆☆
 
 打撃の準備である「トップ」を作るのは早く、バットを上からミートポイントまで無駄なく振り下ろします。スイング軌道もバットの先端であるヘッドを下げないようにして、綺麗な軌道で振り抜けています。技術的には、殆ど無駄がありません。あとは、スイングに「強さ」や「鋭さ」を磨くことでしょう。
 
<軸> ☆☆☆☆
 
 足の上げ下げも小さいので、目線は大きく動きません。体の開きも我慢出来ていますし、軸足も地面から真っ直ぐ伸びています。軸を機転に、綺麗な回転で打てています。

将来の可能性

 走塁についてはよくわからなかったのですが、遊撃守備と完成度の高い打撃には見るべきものがあります。ぜひ甲子園に出て頂き、そのプレーぶりを全国の皆様に示して欲しいプレーヤーです。

情報提供:2014.01.07
  • 2014 年 1 月

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事