高校野球ドットコム

選手名鑑

鈴木 将平 (東海大望洋)

応援メッセージを投稿する!
鈴木 将平

鈴木 将平

都道府県:
千葉
高校:
東海大望洋
学年:
2015年卒
ポジション:
中堅手
投打:
右/左
身長:
179cm
体重:
82kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 一番打者だが、逆方向にも長打が打てて、低めの球を千葉県球場の場外へ打ち込むパワー、俊足、強肩と走攻守すべてにおいてハイレベルな外野手。ポテンシャルの高さという点では関東地区の外野手ではトップクラスではないだろうか。長打力に関してはドラフト指名候補に挙がる浅間 大基と変わりないレベルにある。
(打撃)
 左の好打者のような最短距離で振り抜き、コツコツとボールを捉える選手ではなく、無駄のないスイング軌道で、フォロスルーの最後までしっかりと振り抜く強打者タイプ。ボールを捉えるセンス、打球を飛ばす力は今年の千葉県でもトップクラスだ。

 スタンスはオープンスタンス。グリップを肩の位置に置いて背筋を伸ばし、両膝を適度に伸ばして構えている。力みことなく、構えに入ることができている。ただ気になったのは内角寄りのボールがあまり見えていないこと。
 この構えにより見えていないのか、得意にしていないから手を出さないのかは分からないが、内角球を打ったところを見たところがない。投手が足を下したところから始動を仕掛ける選手で、ゆったりと足を回しこむように上げていき、間合いを測りながら、ベース側に踏み込む選手で、外角を強く捌くことを意識していること。先ほど構えについても、インコースがあまり見えていなことについても触れたが、外角球を捌くことを主眼においた打撃スタイルである。スイング軌道を見ると、トップが深く取っていくので、強い打球を生み出しやすい。スイング軌道を見ると肩口から振り出し、ヘッドが下がらず、縦のスイング軌道を振り抜くことができる。
 踏み込みが強く、最後まで乱れないのがこの選手の魅力。目線が大きくブレることなく、綺麗に軸が回っており、フォロスルーも自然と大きく取ることができている。
 技術的に高度で、強く遠くへ飛ばせるスイング軌道、下半身の強さがあり、高いレベルで漬け込んでいければ、打てる外野手へ成長していくのではないだろうか。
(守備・走塁)
 外野守備を見ると一歩目の動きは高校生としては早く、肩の強さはシートノックから見ると、ほぼダイレクトか、ワンバウンドスローが出来ており、高校生としては合格点。あとはより守備の精度を高めていければ良いだろう。
 走塁は塁間のタイムを測る機会がなかったが、ベースランニングなどを見ると、圧倒的に速いというわけではないが、足自体は中の上。夏では脚力でどれだけのレベルなのかを測っていきたい。
将来の可能性
 走攻守のスキルは高校生ではハイレベル。特に打撃では打球の角度、弾道の高さ、飛距離に惹かれるものがある。木製バットに持ち替えて、今のスイングに順応していけば、木製でも長打を連発できる選手になっていくだろう。東海系列の選手なので、そのまま進んでいきそうな選手にも見えるが、彼にはあえてプロに拘ってほしい選手。
 夏では走攻守で違いを見せてほしい。打撃では他の選手が打てない場面で、打ってアピールし、走塁ではどんな場面でも全力疾走を怠らず、そして一つより先の塁を奪えるところを見せるなど、やっぱり鈴木 将平は何か違うと思わせるプレーを見せてほしい。
情報提供・文:2014.06.14 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
城北vs東海大望洋【第96回全国高校野球選手権大会】
東海大望洋vs専大松戸【千葉県 2014年夏の大会 第96回選手権千葉大会】
東海大望洋vs東海大浦安【千葉県 2014年夏の大会 第96回選手権千葉大会】
東海大望洋vs習志野【千葉県 2014年春季大会 千葉県大会】
東海大望洋vs千葉日大一【千葉県 2014年春季大会 千葉県大会】
習志野vs東海大望洋【千葉県 2013年夏の大会 第95回選手権千葉大会】
東海大望洋vs千葉明徳【千葉県 2013年夏の大会 第95回選手権千葉大会】
東海大望洋vs中央学院【千葉県 2013年夏の大会 第95回選手権千葉大会】
東海大望洋vs成田国際【千葉県 2013年夏の大会 第95回選手権千葉大会】
浦和学院vs東海大望洋【2013年春の大会 第65回春季関東地区高等学校野球大会】
コメント (1)
さすが!裕樹の息子!2014.07.30 田邊 英樹
親父とはトヨタ同期入社でした
親父も甘いマスクでした
我々の代表として甲子園を楽しんで下さい!

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板