選手名鑑

齋藤 誠哉 (磐田東)

応援メッセージを投稿する!
齋藤 誠哉

齋藤 誠哉pro2014

都道府県:
静岡
高校:
磐田東
学年:
2015年卒
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
182cm
体重:
74kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 好投手揃いの静岡県でも、左投手ならばナンバーワンとみられていた逸材だ。細身だが、しなやかな腕の振りからキレのあるストレートを投げ込む投手で、身体が出来ればさらによい投手になっていくだろうと期待感がある。

 左スリークォーターから投げ込む直球は常時125キロ~130キロ中盤を計測している。ボールの回転はよく、この球質のまま、常時140キロ台まで速くなると面白いだろう。速くなれば…、そういうところにスカウトは惹かれているかもしれない。だがコントロール自体はまだまだで細かな制球力を欠く。だが全くコントロールがない投手ではなく、さらに1球1球ずつ力のあるストレートをコントロール良く投げることにこだわれば、制球力は向上するだろう。

 変化球は、横滑りするスライダーが中心。キレのある変化球を投げるわけではないので、ストレート中心の投球になりやすい。

 クイックは1.2秒を計測することもあれば、二死の時は1.7秒になってしまうときがある。まだ無警戒なところがあり、クイックの意識は高めてもらいたい。

 (投球フォーム)

 セットポジションから始動し、右足の膝を高く上げて、左足は真っ直ぐ立つ。右足を一塁方向へ伸ばしていきながら、重心を少しずつ下げていきながら着地。

 右肩のグラブを斜めに伸ばしていきながら、開きを抑え、テークバックは内回りの旋回をしていきながら、トップを作る。可動域は広く、このテークバックのまま、今よりもさらに腕を強く振ることができれば、より球速は速くなりそうだ。
 リリースでは打者寄りでリリースすることはできており、球持ち自体は良い。最後のフィニッシュでは膝が突っ張った状態でフィニッシュとなっており、体重が乗りにくい形となっている。
将来の可能性
 しなやかな腕の振りから投げ込む速球にはキレがあり、これで常時140キロ台に達すればという期待はある。だが投球のレベルは高校生として見ても、突出したレベルではないこと。やや故障がちだったことを踏まえると、プロのスピードについていくのは難しいと考える。

 やはり大学・社会人を経由して、しっかりと身体作りを行って、球速、球威、コントロール、変化球のキレ、クイックなどすべてにおいて高めてからプロ入りが狙える投手ではないかと考える。

 まだ体が出来ていないので、じっくりと体作りが出来ればと考える球団もあるかもしれないが、入れ替わりが激しい世界。プロで勝負できる投手になってから挑戦するのも遅くはないだろう。
情報提供・文:2014.10.05 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
コメント (1)
応援団2014.11.12 戸木真吾
応援してます。焦らず、体作って、チャンス待とう!
将来歩む道が変わっても、精一杯頑張って、
楽しんで下さいね。

55歳のシニアです。いい顔つきで頑張る君の応援団です。

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板