選手名鑑

中嶋 優佑 (滋賀学園)

応援メッセージを投稿する!
中嶋 優佑

中嶋 優佑pro2014

都道府県:
滋賀
高校:
滋賀学園
学年:
2015年卒
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
178cm
体重:
70kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 手足の長い投手体型で、ゆったりしたモーションから投げ込んで来る本格派サウスポー。
 
(第一印象)
 
 驚くような球威・球速はないのですが、ピッチングや素材に、まだまだ伸びて行けそうな奥行きを感じさせます。

(投球内容)
 
 オーソドックスなフォームから、常時120~後半ぐらいのストレート。変化球は、100キロ前後とのカーブとのコンビネーション中心で、たまに110キロ前後のスクリュー系のボールを投げ込んできます。夏の彦根東戦の模様を見たのですが、ボールはコースに散っていたもののコントロールに苦しんでいたのは気になりました。左腕らしく牽制はまずまずで、クィックも1.2秒前後と基準レベル。ただフィールディングは、少々危なかったしい気がします。特にストレートを打たれることよりも、緩いカーブを打たれる場面が目立ちます。
 
<長所>

 グラブを最後まで内に抱えられているので、両サイドへの投げ分けは安定。足の甲でも地面を押し付けることができ、ボールはそれほど上吊りません。あとは、指先の感覚を磨き「球持ち」がよくなって来ると、更に高い精度のコントロールが期待できるのでは。
 
 「着地」までの粘りはそれほどでもないのですが、体の「開き」が抑えられボールが中々見えて来ないのが良いところ。打者にとって、中々タイミングが図り難いところがあります。
 
 足を高い位置でピンと伸ばせていますので、お尻を三塁側(左投手の場合は)に落とせます。腕の角度にも無理がないので、故障のし難いフォームだと言えるでしょう。

<課題>
 
 もう少しボールに上手く体重を乗せないと、打者の手元まで生きた球が行きません。ストレートに磨きがかかることが、今後の大いなる目標ではないのでしょうか。
将来の可能性
 フォームの土台も良いですし、素材としても将来性を感じさせます。しかし全国大会、大学などの上の世界を想定すると、もっともっとストレートに磨きをかけないと苦しいでしょう。今後夏までに、どのぐらいストレートに磨きがかかって来るのか、期待して見守って行きたいと思います。
情報提供:2013.12.25
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
北大津vs滋賀学園【滋賀県 2014年春の大会 春季滋賀県大会】
大和広陵vs滋賀学園【2012年秋の大会 平成24年度秋季近畿地区高校野球大会】
近江兄弟社vs滋賀学園【滋賀県 2012年春の大会 平成24年度春季近畿地区高校野球滋賀県大会】

コメントを投稿する

石川県地域応援スポンサー

石川県の地域スポンサー様を募集しております。

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板