選手名鑑

原 嵩 (専大松戸)

応援メッセージを投稿する!
原 嵩

原 嵩pro2015

都道府県:
千葉
高校:
専大松戸
学年:
2016年卒
ポジション:
投手・右翼手
投打:
右/右
身長:
185cm
体重:
78kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
観戦レポートより抜粋(2015年7月21日
 原 嵩だが、昨秋と比べると格段に良くなった。昨秋は投球フォーム改造中で、コントロールも不安定だった。しかし半年間を経て、テイクバックまでの流れがスムーズになり、意図通りにボールを投げられるようになっている。また左足をゆったりと上げて、間合いを取るようになり、タイミングを外そうとする意識は1年生と比べるとかなり高まった。

 球速は、常時135キロ~140キロと突出したスピードではないが、コントロールが安定している。合間を見て、スライダー、カーブ、フォークを投げ分け、我孫子東打線を封じこむ。

 どちらかというと投手しての原は荒削りだったが、だいぶ投手らしい投球を見せるようになっている。コーナーに投げ分けたり、変化球が弱い打者と見れば、変化球中心に攻めたり、押していきたいところではしっかりとストレートで押したり、投球に意図が感じられるのは去年からの大きな成長である。

 この日の原は余力十分の投球であった。3回に最速144キロを出すが、その後は、135キロ~140キロのストレートと変化球のコンビネーションで投球を構成し、我孫子東打線を翻弄。そして最後はギアを入れる。ストレートのスピードが常時140キロを超え、最速145キロを計測。三者連続三振で試合を締め、原が7回10奪三振完封勝利。専大松戸がベスト8進出を決めた。最後まで我孫子東打線を相手にさせなかった。

 原は先輩の上沢 直之 を比較されることが多い。フォームの美しさ、伸びのある直球という点では上沢が上回っているが、だが上沢はコントロールが不安定になることが多く、そのため粘られると球数が多くなり、いわゆる燃費が悪い投手であった。今でも中々イニングを投げぬけないことを課題にしているが、高校時代はもっと球数が多く、今はだいぶ角が取れてきた方である。

 一方、原は、先ほど説明したように意図通りの投球ができるということは球数を少なく収められること。上沢が球数が少なく収まるときはストレートの走りが良く、それ一本で抑えられるとき。原はストレート、変化球ともにストライクが取れて、7割~8割ぐらいでも、140キロ前後の速球を投げることができるのだから、優位に投球を組み立てることができるのだ。この点は上沢より優れている点といえるだろう。

 先発としてこれほどの投球を見せたのは予想以上であった。この3年間、投手として大きく成長したと感じさせる試合であった。また打っても2安打。この男が最後まで投打で躍動すれば、初の甲子園は見えてくる。
情報提供・文:2015.07.21 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
花巻東vs専大松戸【第97回全国高等学校野球選手権大会】
専大松戸vs習志野【千葉県 2015年夏の大会 第97回選手権千葉大会】
専大松戸vs木更津総合【千葉県 2015年夏の大会 第97回選手権千葉大会】
専大松戸vs拓大紅陵【千葉県 2015年夏の大会 第97回選手権千葉大会】
専大松戸vs我孫子東【千葉県 2015年夏の大会 第97回選手権千葉大会】
専大松戸vs船橋芝山【千葉県 2015年夏の大会 第97回選手権千葉大会】
健大高崎vs専大松戸【2015年春の大会 第67回春季関東地区高等学校野球大会】
専大松戸vs沼南【千葉県 2015年春季大会 千葉県大会】
専大松戸vs千葉敬愛【千葉県 2015年春季大会 千葉県大会】
専大松戸vs拓大紅陵【千葉県 2015年春季大会 千葉県大会】
コメント (3)
歓迎!!2015.10.22 ロッテファン
ロッテへようこそ!
心の底から応援してます。

感動しました!2015.07.26 松永莉奈
今日の試合、感動しました!!
野球にはあまり詳しくない私ですが、母とテレビを見ていて本当に感動しました!!
あまりの嬉しさで、専松の中学校に通う友達にも、早速メールしてしまいました(笑)
これからも応援させて下さい!
お体には十分気をつけてくださいね!!
絶対に大丈夫!!!2015.07.24 みみりん
自分達の力を信じ、最後まで集中すれば絶対に勝ち進める!!!

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板