選手名鑑

石井 大貴 (常総学院)

応援メッセージを投稿する!
石井 大貴

石井 大貴

都道府県:
茨城
高校:
常総学院
学年:
2016年卒
ポジション:
一塁手
投打:
左/左
身長:
170cm
体重:
78kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 選抜米子北戦では、右に左にセンターへと打ち分け、三安打を放ち存在感を示した 石井 大貴。そのパワフルな打撃と対応力も兼ね備えた強打は、甲子園でも光っていた。
 
(第一印象)

 スイング後半のフォロースルーを大きくとったスイングが印象的で、打球を遠くに運びます。
 
(守備・走塁面)
 
 一塁手としての反応、ボール捌きなどは平均的で、けして下手な選手ではありません。ただし他のポジションが担えるのか?と言われると、その辺には疑問が残ります。

 一塁までの塁間は、左打席から4秒台後半と非常に遅いタイム。新チーム結成以来の60試合で7盗塁を残しており、本気で走ればもっと早いタイムが出せるのかもしれませんが。基本的に、足でアピールするタイプではありません。
 
(打撃内容)
 
 体の強さとフォロースルーを生かしてボールを遠くに飛ばしますが、基本的には長距離打者というよりも中距離打者で、勝負強さを売りにするポイントゲッタータイプのように感じます。

<構え> ☆☆☆
 
 前の足を軽く引いて、グリップの高さは平均的。腰の座り具合・全体のバランスとしては並ですが、両目で前を見据える姿勢は悪くありません。
 
<始動> 早め

 投手の重心が下るときに動き出すなど、始動は早め。そのため速球や変化球にも対応できる、アベレージ打者の始動。
 
<下半身> ☆☆☆☆
 
 足を大きく引き上げて、軽くベースから離れた方向に踏み出すアウトステップを採用。始動~着地までの「間」は十分あり、いろいろなポイントでボールを捉えられます。アウトステップを採用するように、内角を意識したスタイル。踏み出した足元はなんとかブレないで我慢でき、アウトステップでも高めや甘い外角球ならば対応できるはず。

<上半身> ☆☆☆
 
 早めに打撃の準備である「トップ」の形は作れており、速い球に立ち遅れません。バットの振り出しにも癖がなく、ミートポイントまでロスがありません。残念なのは、バットの先端であるヘッドが下り気味で、打ち損じが多くなるスイングだということ。それでもスイングの弧は大きく、フォロースルーを生かして、ボールを遠くに運びます。始動はアベレージヒッターですが、スイングは長距離打者という、複雑な動作を見せます。
 
<軸> ☆☆☆

 頭の上げ下げが大きいので、目線は多少上下に動きます。体の開きはなんとか我慢でき、軸足の内モモの筋肉には強さを感じます。それだけ強い打球を飛ばせる、資質はあるということでしょう。
将来の可能性
 その長打力よりも、打てるポイントが多く、打球をどの方向にも飛ばせる「幅」のある打撃が目を惹きます。その一方で、守備・走塁のレベルが低く、ポジションが限られることがネック。そのためよほど打撃で圧倒しないと、上のレベルでは厳しいでしょう。それでもさすが名門校の4番打者という感じがする選手であり、その打力は全国級。このまま資質を伸ばして行けば、大学でも中軸を任されるような選手に育つのではないのでしょうか。
情報提供:2015.04.06
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
常総学院vs取手松陽【茨城県 2015年夏の大会 第97回選手権茨城大会】
國學院栃木vs常総学院【2015年春の大会 第67回春季関東地区高等学校野球大会】
常総学院vs明秀学園日立【茨城県 2015年春の大会 茨城県春季大会】
常総学院vs石岡一【茨城県 2015年春の大会 茨城県春季大会】
常総学院vs鹿島【茨城県 2015年春の大会 茨城県春季大会】
大阪桐蔭vs常総学院【第87回選抜高等学校野球大会】
常総学院vs今治西【第87回選抜高等学校野球大会】
常総学院vs米子北【第87回選抜高等学校野球大会】
木更津総合vs常総学院【2014年秋の大会 第67回(平成26年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
常総学院vs平塚学園【2014年秋の大会 第67回(平成26年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
コメント (1)
がんばれ2013.10.09 常総ファン歴2ヶ月
石井君は大事な場面に出くわしても 動揺せず落ち着いて見えるからすごい。ファーストを守って居るときも危ういボールをしっかり受け止め何事も無かったように終わっているが、すごい。ホームランをこれから沢山飛ばすところを見てみたい。アンジャッシュが野球雑誌の中で石井君に熱い視線をおくっていたよ。

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板