高校野球ドットコム

卒業生
野村 亮介

野村 亮介(静清)

都道府県:
高校:
学年:
2012 年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
187 cm
体重:
80 kg
データ最終更新日:2011年6月10日

寸評

淡々と140キロ台のストレートと多彩な変化球を投げ分ける大型右腕・野村 亮介。大柄投手らしからぬ味のある投球には玄人好みと思わせるものがある。この男は無理に角度をつけようとせずにスリークォーター気味から腕を振りぬく。最も投げやすい位置から放ることができるためにバランス感覚に優れた投球ができている。大型投手として恵まれた馬力がありながら指先感覚が優れた稀有な右腕である。ラストサマーまで追いかけたいと思わせる投手であった。

(投球スタイル)
ストレート マックス145キロ
常時136キロ~141キロ
スライダー 125キロ前後
ツーシーム 130キロ前後
シンカー  120キロ前後
チェンジアップ 125キロ前後
スリークォーター気味から振り出すストレートは綺麗な回転がかかったストレートではなく、若干癖球気味。右打者にはカット気味の直球。左打者にはシュート気味の直球。微妙に動かして芯を外す投球を心掛けている。釜田 佳直吉永 健太朗といった世代を代表する投手と比べるとストレートの凄みは感じないが、コンスタントに140キロを計測できる馬力と低めに集める制球力には光るものを感じる。あまり空振りを奪えるストレートではなく、ファールで粘られることは多いが、彼は慌てることはない。淡々と鋭いボールを投げ込んでいく。シンカー、チェンジアップの精度も高い。速球、変化球の精度も高く、制球力も安定している。捕手にとっては配球を組み立てがいの投手。高校生としてはハイレベルな投球術を演出する投手だ。

(打者への攻め)
・右打者
ストレートは両サイドへ投げ分けていきながらスライダー、チェンジアップをおりまぜながら 投球を組み立てている。外角中心に攻めながら時折、ツーシームを織り交ぜて体を起こしており、両サイドへの揺さぶりはしっかりしている。
・左打者
外角中心にストレート、ツーシーム、チェンジアップを織り交ぜながら投球を組み立てていき、芯に当てない投球が出来る。外角一辺倒ならずにインコースにも攻めることができており、幅が広い。

(クイックタイム)
クイックは1.05秒~1.15秒前後と素早いクイックが出来ている。尚且つクイックをしても140キロ台を計測し、制球力も◎。フィールディングの動きも長身の割には軽快。キレの良い動きを見せており身のこなしの良さを感じる。牽制もうまく、投球以外の技術は高いものを感じる。

(投球フォーム)
セットポジションから入る。左足を真っ直ぐ上げていき、右足はしっかりと立つ。一本足で立つ姿は中々良い。左足をショート方向へ伸ばしていきながら、腰を沈めていき、膝を伸ばして着地する。左腕のグラブを真っ直ぐ伸ばしていき、正対させている。しっかりと左胸に抱え込んでいき、体のブレを防ぐ。左腕のグラブを伸ばす際にコンパクトにテークバックを取り、リリースに入る。189センチの長身だが、腰を沈めて、スリークォーター気味から腕を振り出すので、角度は感じない。時折、腕を振り出す時に肘が前に出てこないのが欠点か。力みを感じず、柔軟に体を使うことができた投球フォーム。187センチの長身にしてこのバランスの良さは一つの才能といえるだろう。

将来の可能性

187センチという長身は投手として大きな武器だ。それを使いこなすのは難しい。多くの長身投手が伸び悩む理由は体をバランスよく使うことができていないからだと考えられる。大きな体は出力するパワーは大きいが、制御が難しいものなのだ。野村という男は187センチの長身とは思えないほどのバランス感覚を持っている。

140キロを超えるストレートを両サイドに集められる制球力。微妙に球を動かす指先の鋭さ、フィールディングの動きの良さ、クイックの鋭さ。実に高いレベルにまとまっている。個人的にはドラフト候補として推したい投手だと評価したい。あとはストレートにどれだけ力強さが増しているか。熟練した投球術に破壊力のあるストレートが加われば十分に指名候補に挙がる投手になるだろう。ぜひラストサマーでさらに進化を遂げた姿を見せることを期待したい。

情報提供・文:2011.05.30  河嶋 宗一
  • 2011 年 5 月

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事