選手名鑑

川野辺 将也 (前橋商)

応援メッセージを投稿する!
川野辺 将也

川野辺 将也

都道府県:
群馬
高校:
前橋商
学年:
2014年卒
ポジション:
捕手
投打:
右/右
身長:
172cm
体重:
82kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 群馬屈指の前橋商投手陣をリードするのが、川野辺翔也。ずんぐりむっくりした体格から、打っては極めて速い打球が際立つ。まさに彼の導きが、前橋商甲子園出場の大きな鍵を握っていると言っても過言ではない。

(第一印象)

 打っては、中村紀洋(現ベイスターズ)のような、独特の雰囲気を持った選手。リードも、強気に内角を突くなど大胆なプレーが目立ちます。

(ディフェンス面)

 ボール一球一球のグラブの押し込みは良いので、シッカリ捕球できます。キャッチングも、柔らかいタッチでミットを扱えます。ただグラブを構えたあと、一度地面に下げてしまう癖があるので、低めへの対応はワンテンポ遅れます。そのため、想定外のところに来たボールへの反応に課題を感じます。リードは、両コーナーに散らす配球で、結構大胆に内角を勝負どころで使ってきます。残念ながら、スローイングに関してはよくわからず。ただ普段は、強肩ぶりをアピールして、相手を威圧するタイプではないようです。

(打撃内容)

 前足を軽く引いて、バランス良く構えます。早すぎるぐらい早く地面から足を浮かし、足を大きくまわし込みながら打ちに行きます。明らかに動きの流れの中でボールを捉える感覚の選手であり、点ではなく線で打つタイプの打者だと言えるでしょう。

<長所>

 始動が早すぎるのは気になるのですが、早めに動き出すことで、速球でも変化球でも幅広くボールを捉えられます。そういった打てるポイントが多くあるのは、この選手の大いなる強味。

 それでいて非常にスイングの弧が大きく、フォロースルーをいかした豪快なスイングをしてきます。その恩恵で、打球は極めて速いものがあります。

<課題>

 せっかく緩急の揺さぶりには幅広く対応できる打ち方なのに、打球はすべて引っ張りにかかるプルヒッター。踏み込んだ足元がインパクトの際にブレないので、意識次第ではセンターから右方向への打撃も充分期待できます。最終学年では、打球の方向にも幅を持たせて欲しいところ。
将来の可能性
 非常に型にハマらない、自分を持った選手だという感じが致します。その辺を、何処まで自分のこだわりで行なっているのかが気になるところ。ただ打撃の潜在能力には良いものを持っているので、最終学年では打撃での活躍も期待したいところ。あとは、勝負どころでの内角の使い方やキャッチングミスなどに気をつければ、ディフェンス面でも存在感を示せそう。攻守にさじ加減を覚えれば、面白い存在になりえるのではないのでしょうか。
情報提供・文:2013.02.19 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
前橋工vs前橋商【群馬県 2013年夏の大会 第95回選手権群馬大会】
関東大会特別観戦記【2012年春の大会 第64回春季関東地区高等学校野球大会】
前橋商vs下妻二【2012年春の大会 第64回春季関東地区高等学校野球大会】
前橋育英vs前橋商【群馬県 2012年春の大会 群馬県春季大会】
前橋工vs前橋商【群馬県 2011年夏の大会 第93回群馬大会】
専大松戸vs前橋商【2011年春の大会 平成23年度春季関東地区高等学校野球大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板