選手名鑑

坂井 陸 (創成館)

応援メッセージを投稿する!
坂井 陸

坂井 陸

都道府県:
長崎
高校:
創成館
学年:
2014年卒
ポジション:
捕手
投打:
右/右
身長:
168cm
体重:
74kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
  引き手の強いパワフルな打撃が売りの、創成館の4番打者。上背はないが、強肩・強打の好捕手だった。

(第一印象)

 ボールを払うようなスイングをする選手で、強引に引っ張るだけでなく右方向への打撃もきっちりできる。独特の感性を持っており、将来楽しみな打者だと言えよう。

(ディフェンス面)

 ミットをしっかり示すタイプではないものの、グラブを地面に下げるような癖がありません。押しこむような力強いキャッチングではありませんが、低めの球へのグラブ捌きも上手くハンドリングに優れます。パッとカバーリングに入ったり、俊敏な動きを見せる選手。いろいろ頭を使ってプレーしているのが伝わってきます。スローイングのタイムは計測できませんでしたが、春季九州大会で生で見た時に、中々力強い送球を見せておりました。地肩の強さは、九州の捕手らしくかなりの強肩だと言えるでしょう。パワフルな打撃だけでなく、ディフェンスでも見るべきものがあります。

(打撃内容)

 速球を強引にはじき返す打球の強さが目立ちますが、そうかといって変化球に上手く合わしたり、右方向にきっちり弾き返す技術も兼ね備えます。一見粗そうに見えますが、けしてそんなことはありません。

<構え> ☆☆☆

 両足を揃え、グリップを高めに添えます。腰の据わりは良いのですが、少しクローズ気味に立っています。そのため全体のバランス・両目で前を見据える姿勢としては、それほど優れているようには見えません。満遍なく対応するというよりは、完全に狙い決めて打ちに行く構え。

<始動> 遅すぎる

 投手の重心が下がりきったあたりで始動するのですが、一度上げた足を降ろして再度ステップしなおしてしまいます。こうなると無駄な動作になり、一定レベル以上の投手への対応に苦労することになります。

<下半身> ☆☆

 最後のステップがリリース後なので、ボール到達までの「間」がありません。そのためいろいろな球に対応するというよりは、あらかじめ狙い球を絞り、その球を逃さない「鋭さ」が求められます。また踏み込んだ足元が、早く地面から離れる傾向にあります。引っ張りを強く意識したスイングなので、外角への打撃は高めに甘く浮いた球に限られそう。外角低めや逃げて行くスライダーを捉えるのは、中々厳しいのではないのでしょうか。それを補うための、強烈なインステップだと考えられます。

<上半身> ☆☆

 打撃の準備である「トップ」の形を決めた時に、グリップが体の奥に入り込んで、ヘッドがスムーズに出て来ません。バットも遠回りに軌道するので、バットのしなりを生かし強烈な打球は生み出せますが、確実性に課題を残します。それでもバットの先端であるヘッドを立てる意識があり、ドアスイングになるのを防ぎます。そして独特の、ボールを払うようなスイングに結びつけます。

<軸> ☆☆

 足の上げ下げが小さな割には頭は動きますが、悲観するほどではありません。むしろ問題は、「開き」を我慢できない下半身と軸足が地面から真っ直ぐ伸びず、自分からボールに当たりに行くように突っ込んでしまう軸の不安定さではないのでしょうか。
将来の可能性
 技術的な部分では突っ込みどころは多いのですが、独特の感性の持ち主だけに細々したことはあまり言いたくはありません。ディフェンス面も想像以上でしたし、大学や社会人などレベルの高いところで野球を続けて欲しいですね。今後も個性を活かす環境で、自ら考えて資質を伸ばして行ってくれることを期待します。
情報提供・文:2013.06.06 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
北山vs創成館【2013年春の大会 第132回(平成25年度春季)九州地区高等学校野球大会】
仙台育英vs創成館【2013年春の大会 第85回記念選抜高校野球大会】
沖縄尚学vs創成館【2012年秋の大会 第131回(平成24年度秋季)九州地区高校野球大会】
創成館vs鹿児島情報【2012年秋の大会 第131回(平成24年度秋季)九州地区高校野球大会】
九州学院vs創成館【2012年春の大会 第130回九州地区高校野球大会】
九州学院vs創成館【2011年秋の大会 第129回九州地区高校野球大会】
佐世保実vs創成館【長崎県 2011年夏の大会 第93回長崎大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板