高校野球ドットコム

卒業生
桝澤 怜

桝澤 怜(八王子)

都道府県:
高校:
学年:
2012 年卒
ポジション:
遊撃手
投打:
右/右
身長:
180 cm
体重:
75 kg
データ最終更新日:2011年6月10日

寸評

今年の西東京を代表するショートとして注目を浴びる枡澤 怜。秋季大会で3本塁打、春季都大会でも2本塁打を放ちその長打力を遺憾なく発揮してきた。関東大会前は不振に喘いでいたようだが、関東大会初戦文星芸大附戦ではライト前、レフト前二塁打、ライト前ヒットを打つ活躍を見せて復活を印象付けた。フットワークの良い守備と肩の強さに光るものが感じられ、攻守にバランスが取れたプレーヤーとして是非注目してもらいたいと思っている。

(打撃)
スタンスはスクエアスタンス。グリップを高めに置いてどっしりと構えている。昨年よりもバランスよく構えることができるようになり、雰囲気が出てきた。投手の足が下りたところから始動を仕掛けていくスタイル。足を大きく引き上げて真っすぐ踏み込んで打ちにいくスタイル。大きく足を上げてそのエネルギーによって打球を飛ばしていく。トップの動きを見ていくと捕手側方向へ引く。後ろに引くことができており、入りすぎることがないのでバットが遠回りすることが少ない。注目すべきは腕の使い方。左わきを締めて、右ひじをたたんでインサイドアウトで振りぬくことができているので、インコースの対応も長けているし、踏み込み足をややクローズ気味にして、体を開くタイミングを遅らせて右にも打ち返すことができているし、そして低めのストレートには掬いあげてスタンドインさせることができており、昨年よりも打撃の幅が大きく広がったように感じる。そういった打撃ができているのは彼の意識付けだ。本塁打にするほどのパワーはあるが、本塁打は全く狙っていない。あくまでセンター~ライト方向へ打ち返す打撃を心掛けて、幅広いコースに対応しようとしている。そういった意識からか、スクエアスタンスで両サイドへ対応しようとする意図は見えるし、なるべく無駄な動作を省こうとしている。打撃力はなかなか高いものがあるのではないだろうか。

(守備)
この選手は自分なりにポジショニングを考えられる選手である。打者の傾向に応じてセカンドよりによったり、サードベースに寄ったりと工夫を感じられる。グラブ裁きは柔らかく、捕ってから投げるまでの動作は無駄がない。地肩の強さはショートとしてなかなかのものを持っているが、スローイングの確実性を欠き、春では送球ミスするシーンが見られた。昨秋見たときは基本忠実な実によいショートだと思っていたが、まだ送球面で粗さが見えることが分かった。ショートとして身のこなしは悪くないが、将来的にはサード・外野へコンバートされる可能性も考えられる。

塁間タイムは4.5秒前後と左打者で換算すると4.2秒前後で平均的な走力だが、それほど足を売りにするタイプには見えない。

将来の可能性

昨年と比べると体つきが良くなり長打力が増した。打球の飛距離、速さが変わってきており、今年の西東京を代表するショートとして注目すべき価値があると思う。こうやって右肩上がりの成長曲線を描くことができているのは彼の取り組みの良さが優れているから。自身の成長のために不断の努力が出来る素質は上のレベルでも絶対に活きるはずだ。

関東大会
では初戦こそ三安打を放ったが、二回戦の東海大甲府戦では2失策、チャンスで凡退と本人にとってはかなり悔しい結果に終わったはず。向上心が高い彼のことだからさらに上達しようと努力を続けるはず。ラストサマーでは今まで以上の輝きを見せることができるか注目してみたい。

情報提供・文:2011.05.23  河嶋 宗一

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事