高校野球ドットコム

卒業生
山足 達也

山足 達也(大阪桐蔭)

都道府県:
高校:
学年:
2012 年卒
ポジション:
遊撃手
投打:
右/右
身長:
174 cm
体重:
66 kg
データ最終更新日:2011年6月10日

寸評

 今年の6月、大阪遠征をしたときに大阪桐蔭と米国代表・アーバンユースの試合(2011年06月23日)を観戦。その時に最も気になったのが、この 山足 達也 だった。大阪桐蔭の中で、最も対応力があり、鋭い当たりを連発していた。今回は、そんな大阪桐蔭の切り込み隊長をご紹介してみたい。

(守備・走塁面)

 一塁までの塁間を、4.3秒前後で駆け抜ける俊足ぶりが光る。このタイムを左打者に換算すると、4.0秒前後に相当。プロに混ぜても、俊足レベルの選手だといえる。そのスピード感を生かしたプレースタイルは、プロレベルでも走力を生かしたプレーが期待できそうだ。

 遊撃手としても、最初の一歩目の反応・スタートが早く、スピード感溢れる遊撃手。キャッチング・スローイングなどもダイナミックであるが、スローイングを乱すケースが多い。けして下手な選手ではないのだが、安定感に欠けるところが今後の課題か。元々は、二塁手だった選手のようなので、将来的には二塁の方が向いているかもしれない。しかし地肩は、結構強い部類。鍛えようによっては、遊撃手としての活躍も期待できるかもしれない。いずれにしても、俊足・強肩の素材は、上のレベルでもその成長が楽しみ。

(打撃内容)

 身体は大きくないが、大阪桐蔭の核弾頭らしく、まさに強打者。ボールへの対応力は優れるが、打球の多くは引っ張って巻き込むことが多い。あまり右方向へと器用さは感じられない。そういった打てる方向に偏りがあるところが、今後の課題だろうか。球足の鋭い打撃能力は、大阪桐蔭でもNO.1だろう。

<構え>

 スクエアスタンスで両足を揃え、グリップを高めに添える強打者スタイル。腰の据わり具合や全体のバランスはそれほどでもないが、アゴをグッと引いて前を見据え、構えから高い集中力が感じられます。

<始動>

 投手の重心が沈みきったあたりで始動する、中距離打者が採用するスタイル。ある程度の対応力と長打力をバランスよく兼ね備えます。当てるのが上手い一番打者ではなく、強烈な打球で粉砕するタイプです。

<下半身>

 足を引き上げて、回し込んできます。足を上げてから降ろすまでの「間」があるので、いろいろな球に対応できます。強打者らしく、ベース側にしっかり踏み込んできて、外の球でも巻き込みます。踏み込んだ足元が、地面から早く離れるので、基本的に引っ張り専門の打撃になっています。それだけに今後は、右方向への打撃も覚えて打撃の幅を広げたいですね。

<上半身>

 早めに打撃の準備であるトップを決めて、上からスパッと振り込んできます。そのため速い球にも振り遅れることなく、ボールを叩き潰します。バットの振り出しもよく、ロスなく最後まで振れています。迷いのないスイングが、彼の良さではないのでしょうか。ヘッドスピードも鋭いですし、球足もとても速いです。

<軸>

 足を上げ下ろしますが、それほど目線は動きません。踏み込んだ足が早く地面から離れるので、体の開きをグッと我慢して右方向へというタイプではありません。そのため気持ちが早ると、少し体が突っ込む欠点があるようです。

将来の可能性

 それほど体格には恵まれていませんが、確かな走力がありますし、遊撃手としてのプレーにもスケールを感じます。何より打撃が素晴らしいので、今後もう少し打てる幅が広がるようになると、将来非常に楽しみです。走攻守三拍子揃った好選手ですが、まだすべての部分で粗いですね。大学や社会人で、その部分が改善されれば、いずれはプロという可能性を秘めていると思います。ぜひ今後も、注目して頂きたい逸材でした。

情報提供・文:2011.09.26  蔵建て男
  • 2011 年 9 月

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事