高校野球ドットコム

卒業生
佐藤 貴規

佐藤 貴規(仙台育英)

都道府県:
高校:
学年:
2011 年卒
ポジション:
投手・外野手
投打:
右/左
身長:
180 cm
体重:
78 kg
データ最終更新日:2010年11月1日

寸評

ヤクルトで活躍する由規の実弟。中学時代は投手で、マックス138キロを計測。センスは由規以上といわれていたが、高校入学後は外野手にコンバート。以降はチームの要として活躍してきた。走攻守三拍子揃った外野手と呼ばれる佐藤貴規を取り上げたい。

(打撃)
スタンスはスクエアスタンス。背筋を伸ばしグリップを高めに置いて構えている。背筋を伸ばした構えにはセンスと集中力の高さを感じさせる。
投手の足が降りたところから始動を仕掛けていき、足を高く上げて真っ直ぐ踏み出していく。トップの動作を見ていくと捕手側方向に引かれているし、立ち遅れることなく形成ができているので、強い打球を生み出すことができている。インパクトまでロスすることなく振り抜くことができており、ひざも開かずに打ち返すことができているので、左中間方向に飛ばすことが出来る打者である。打撃の形は非常に良い。

両サイドにしっかり対応できる選手で、変化球にもヘッドを効かしてレフト前へおっつけて打ち打ち返すことができており、これほど柔軟な打撃ができるとは驚かされた。
実に癖のない打撃をしており、打撃技術に関しては上位候補に上がっている後藤 駿太よりも良い。まだ肉体的な強みがないので、プロのスピードに対応できるまでに時間はかかる選手だが、その課題を乗り越えたら木製バットに速くも順応し、対応できているタイプだといえる。

(守備)
打球に対する反応は良く、落下地点まで速い。ただ抜けてからの処理がまだばたついており、課題を残す。とはいえ、強肩であり、高校生としてはA級の守備力。身体能力の高さは備わっている選手であり、ボールの扱いも丁寧だし、カバーリングもしっかり行っているのを見るとプロの指導によって更に上手くなる可能性は秘めている。

(走塁)
塁間タイムは4.05秒前後と中々の俊足。盗塁センスの高さに関しては分からなかったが、ベースランニングは上手い選手であり、走塁のレベルも高い。

将来の可能性

今年の高校生外野手は後藤 駿太(前橋商業)、西川 遥輝(智辯和歌山)が目立つ中で、彼らと比較しても技術的にもひけをとらない選手であり、身体能力の高さもある。兄との話題性を考えて指名といわれるが、個人的には実力もドラフト候補と呼べる選手だと評価したい。肉体的な強みがないので、それほど見栄えしない選手かもしれないが、技術的な土台はしっかりしており、なおかつ身体能力も高い選手なので、プロのトレーニングで大人の肉体に仕上がれば、プロでも勝負できる外野手になるのではないかと考えている。

ドラフトでは下位指名辺りならば面白い選手といえるのではないだろうか。ぜひ兄と球界を盛り上げられる選手に成長してもらいたい。

情報提供・文:2010.10.28  河嶋 宗一
  • 2010 年 10 月

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事