高校野球ドットコム

卒業生
會田 隆一郎

會田 隆一郎(酒田南)

都道府県:
高校:
学年:
2013 年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
181 cm
体重:
86 kg
データ最終更新日:2012年10月23日

寸評

 高校野球、最初で最後となる大舞台で、ベストピッチングを見せた會田 隆一郎。山形大会の決勝の投球と比べると集中力の高さが感じられる投球内容だった。卒業後の成長が楽しみだと思わせる内容であった。
(投球スタイル)

東北大会で述べてきたように、彼は純正なサイドハンドではなく、サイドハンドとオーバーハンドの中間だ。球速は常時135キロ~143キロを計測。東北大会時は130キロ前半が殆どだったことを考えると、速くなったというより、元に戻ったと表現していいだろう。しっかりと腕が振れた時のストレートは素晴らしいものがあり、別格のストレートであった。コンスタントに140キロ台を計時しており、馬力はドラフト候補クラス。この馬力をなかなか活かすことが出来なかったが、最後の夏で開花を見せた。

変化球はスライダー、カーブ、フォークを投げる。配球パターンとしては主に外角中心にストレート、スライダーを集めていきながら、要所でインサイドへズバッと突く投球スタイル。秋の東北大会と比べて変わったのはフォークに決め手が出たこと。明徳義塾戦ではフォークで空振り三振を奪うことが出来ていた。縦の変化に決め手が出てきたのは東北大会からの成長点だろう。

クイックは1.1秒~1.2秒前後と素早いクイックが出来ており、牽制もしっかり入れる。ただ二塁の時の投球モーションが一定していて、もう少しバリエーションを増やしていかないと三盗をされやすいモーション。フィールディングの動きも良く、投球以外の技術も鍛えられている。

(投球フォーム)

 セットポジションから始動する。左足を勢いよく上げていき、右足は真っすぐ立つ。左足は三塁側に向かって足を伸ばしていき、インステップする。体全体を沈み込ませ、頭を落としていく動作はサイドスローの体の使い方。左腕のグラブを斜めに伸ばしていき、右ひじを折り畳み、出所を隠す動作もサイドスローの使い方である。

 それでも腕の振りはオーバーハンドと矛盾している。ただ以前に比べれば投球動作にぎくしゃくさがなくなって、腕の振りは良くなった。踏み込んだ足が開くので、それによって左肩の開きも速くなっている。形に拘るといろいろ課題があるかもしれない。ただ以前の状態と比べるとここまで腕が振れて、しっかりと力を伝えることができているのは本人にとっては良かったかもしれない。

 それまでの登板を見ると、日によって大きく荒れる時もあるので、まだ自分のフォームを一定ではないともいえる。甲子園でベストピッチング見せたことが彼を進化させるきっかけになればいいのだが…。

将来の可能性

 最後の甲子園で力のある投球を見せたが、山形大会決勝で大崩れしたように、まだ自分の形を確立したとは言い難い。進学して、環境が変わったことで、またゼロに戻るか、環境が変わっても、自分の投げ方の軸が確立して、さらに素質を伸ばしていけるか。これは本人の意識次第で変わってくるだろう。体格、馬力そのものはドラフト候補レベルに達しているので、大学でどこまで総合力を高めていけるか楽しみな投手だ。ぜひ4年後にはドラフト上位候補として注目されるような投手に育つことを期待したい。

情報提供・文:2012.12.21  河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事